ユーロは利下げ観測前進?後退?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2018/01123456789101112131415161718192021222324252627282018/03

EU統計局が14日発表した11月のユーロ圏消費者物価指数確定値は
前年同月比3.1%上昇と、 2001年5月以来の高い伸びとなった。
景気拡大が鈍化しているにもかかわらず、
ECBによる政策金利の引き下げが一段と難しくなった。

米国と英国、カナダの中央銀行は利下げを実施したが、
ECBは商品価格の上昇と失業率の低下が
インフレスパイラルを引き起こす恐れがあるとして、政策金利を据え置いた。
トリシェ総裁は6日、定例政策委員会の一部メンバーが利上げを支持したことを明らかにした。

BNPパリバのエコノミスト、ドミニク・ブライアント氏は、
「ECBはジレンマに陥っているようだ」と指摘。
「当局は行動が遅れることを避けるため、
インフレ期待を軽視しないように努めている」と語った。
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/998-7d10a1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック