2010年サッカー・ワールドカップ、南アフリカ経済に与えた影響

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会は
スペインが初優勝を果たし約1か月の戦いに幕を下ろしました。
今回の記事はアフリカ大陸初の開催として
注目された今回の大会が、南アフリカの経済に
もたらした影響についてコメントしてみたいと思います


2010 FIFA W杯 Logo

経済効果

民間の国際会計事務所が算出したところによると、
ワールドカップによる経済波及効果は930億ランド(1兆600億円)で、
GDPは0.54%押し上げると予測しているそうです

また南アのゴーダン財務相が明らかにしたところによると、
ワールドカップ開催のための国の拠出額は300億ランド(約3,400億円)で、
その内訳は、スタジアム周辺の駅や道路、空港の整備に130億ランド(約1,500億円)、
スタジアムの建築・改修に約105億ランド(約1,200億円)などとなっています

大会期間中の外国人訪問者数は約40万人と見込まれており、
2002年の日韓大会の時の25万人を上回ったそうで、
外国人による消費支出は150億ランド(約1,700億円)になるという。


意識改革とイメージアップ

今回のワールドカップで南アフリカ得たものは経済効果うんぬんよりも
「南アフリカ国民だけでなくアフリカ全体の人々に自信を植えつけた」
という、お金じゃないところに価値があるのかもしれません

また、南アフリカに対するイメージアップの効果も大きいでしょう。
ケープタウンで観光客に対して行ったアンケートの結果によると、
74%が「安全と感じた」、98%が「また来たい」と回答している。
外国人にとって治安面での不安が最大の懸念材料である
南アフリカにおいて、この数字は非常に意味があると思います

そしてW杯の開催によって今後大きな財産となってくるのが、
道路や鉄道といった交通インフラの整備です
ヨハネスブルクではこれまで、空港と市内を結ぶ公共交通機関すらなかったが、
空港や鉄道、道路と大がかりな交通インフラの整備を行ったことで、
今後、外国資本を呼びこむことにもつながる可能性もあるでしょう


課題点

その一方で、ワールドカップ開催によって
将来に向けた課題も浮き彫りになったように感じます
特に雇用問題は早急に解決したい課題の一つだと思います

ワールドカップ期間中は、建設業やサービス業などを中心に
13万人の雇用創出に貢献したと言われているが、
これはいわば一過性のものなので大会が終われば、
こうした人たちの多くは再び職を失い無職に逆戻りします

ただでさえ、2009年の南アフリカはリーマンショックの影響で
90万人が失業したと言われており雇用問題はケツに火がついてます

しかし、南アフリカの主な産業は、景気に左右されやすい鉱業と
自動車生産を中心とする製造業なので、
ワールドカップ後の失業者をすぐに吸収できる可能性は低いといえます
失業率の改善が進めば、治安の改善にも繋がってくることを考えれば、
雇用問題は早急にクリアしたい課題だと言えそうです

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/811-9e6f5ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。