ビックマック指数とは

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ビックマック指数】

ビッグマック指数とは購買力平価を図る基準の一つとして、
経済雑誌「エコノミスト」が提案した物価指数で、
マクドナルドのビッグマックの値段を基準に
世界各国の為替レートの妥当性を図る考え方です。

例えば日本でビックマック一個は280円、ニューヨークで3ドルの場合
ビックマック指数の考え方としては「280円=3ドル」となり、
適正な為替レートは1ドル=93.3円との評価になります

ちなみに2010年4月8日現在のドル/円は93.30円で推移しているので
この為替相場は適正であるって解釈することができます

世界に普及されている商品の物価比較から為替相場の
妥当性を探る方法にはビックマック指数以外にも
スターバックス指数コカコーラマップなどがあります。
またオーストラリアの某投資銀行ではiPod指数を発表しています

地域によりマクドナルドの競合相手の存在が違うため、
ビッグマック指数は不正確であるという批判もあるし、
その精度は決して高いものとは言えません
あくまで考え方の一つとして捉えておくべきでしょう

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/753-57ab873c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。