国内のFX未収金は33億円、フラン・ショックの影響

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融先物取引業協会は1月15日に起きたスイスフラン・ショックについて
国内のFX業者で33億円の未収金が発生したと公表した。

事の発端は2015年1月15日にスイス国立銀行が
スイスフランの対ユーロでの無制限介入の終了を突如発表したことで、
取引で損失を出した顧客からFX会社が回収しきれない未収金が発生した。

未収金の内訳は個人顧客が19億円法人顧客が14億円だった。
件数は個人が1137件、法人が92件だった。
FX取引では投資家はFX会社に証拠金を預け入れるが、
今回のスイスフラン急騰では証拠金を上回る損失を抱える投資家が現れた。

スイスフラン急騰を巡っては、海外では破綻に
追い込まれるFX会社も出るなど影響が広がった。
米大手のFXCMでは顧客が抱えた損失が
2億2500万ドル(約260億円)に達したことを公表している。

ただ、国内ではスイスフランの取引金額が
小さかったため、影響が軽微に留まっている。
尚、GMOクリック証券では未収金を約1.1億円と公表している。

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/647-3563805d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。