バイナリーオプション規制の大枠が決定

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経済新聞によると、金融先物取引業協会は業界の意見調整を経て、
金融庁とバイナリーオプション規制の大枠を決定した。
これは、関係する当事者の公式なコメントではないが、
実態とかけ離れておらず、下記を含むものと思われる。

  • ハイ、ロー・タイプのバイナリー・オプションは、
    金融商品でなく、賭博性が高いことから禁止
  • オプションの満期時期は、規制される
    (例:60秒など、短期のオプションは禁止)
  • 一人当たり、一日に取引できる取引量と
    最大損失額に上限が設けられる
  • オプションのスプレッドは禁止され、
    同じ基準価格で上昇するか、下降するかを選択するものとなる
  • 仮に、ブローカーがあるオプションの受付を
    終了する場合(例:過剰ポジション)には、
    ブローカーは、具体的な理由をウェブサイト上に開示すること
  • ブローカーは、顧客全体の合計利益と損失を開示する

仮に、この規制が承認されれば、日本の
バイナリーオプションの取引量が相当に減少するだろう。

日本ではバイナリーオプションがホットな商品となり、
複数のブローカーが1ヶ月に預り金が、
1000万ドルから2000万ドル増加していると報告しており、
低迷を続けるFX市場を回復させつつあった。

一方、比較すると、日本以外の外国のバイナリーオプションの
1ヶ月当たりの預り金は、1500万ドル以下と思われる。
新しいルールはバイナリーオプションの訴求力を低下させ、
預り金、取引量ともに減少させるだろう。

ちなみに唯一、バイナリーオプション規制を
持つのはキプロスであり、2012年5月に施行されている。


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3521-9d775e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。