1分で読める今週の注目ポイント!米国の決算発表を見逃すな!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週は週明けにポルトガルが金融支援要請に追い込まれるとの
懸念が広がり、ユーロ安の展開からスタートしましたが、
11日に日本政府が欧州金融安定化基金への支援を表明、

そして12日にはユーロ圏財務相が同基金の国債買入れを
検討すると伝わったことから市場心理が好転しました。

また、ポルトガルの国債入札が順調な結果となったことから、
ユーロ圏債務危機の拡大を巡る懸念が後退しています。

【今週の重要指標】
01/17(月)----- 欧・ユーロ圏財務相会合
01/18(火)----- 欧・EU財務相理事会
01/18(火)23:00 加・BOC政策金利 (予想)1.00% (前回1.00%
01/19(水)24:30 加・BOC金融政策報告
01/20(木)24:00 米・中古住宅販売件数
01/21(金)18:00 独・IFO景気動向

【今週の米国主要企業 決算発表】
01/18(火)シティグループ、アップル、IBM
01/19(水)ゴールドマン・サックス
01/20(木)モルガン・スタンレー、グーグル
01/21(金)バンカメ、ゼネラル・エレクトリック

今週は17日にユーロ圏財務相会合、18日にEU財務相理事会が
開催される予定となっており、欧州金融安定ファシリティーの
融資能力拡大を巡る議論の行方が焦点が集まってくると思います。

また、今週もスペイン・ギリシャ・ベルギー・ポルトガルといった
重債務国が、短・中期債の入札を行なう予定となっているで、
もし、財務相会合で各国の足並みが揃わない場合は、
ユーロ売り材料になる可能性があるので要注意でしょう。

あと、米国ではシティグループやゴールドマンサックスなど
主要金融機関の決算発表が控えているので
ココも見逃せないポイントになってくると思います。


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3470-079f3f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。