1分で読める今週の注目ポイント!クリスマス・ウィークはどうなる?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週は、米格付け会社がユーロ圏の重債務国を
対象とした格下げ報道が相次いだことから
緊張感が高まる場面もみられましたが、

米国の小売売上高や製造業景気指数が強い結果になったため、
NYダウが約2年3ヶ月ぶりの高値水準を記録しています。

また、注目が集まったFOMCでは景気回復のペースが遅いと指摘され、
6,000億ドル規模の国債買い入れを継続する方針を打ち出しました。

一方、ユーロ圏ではアイルランド支援策が決定されたにも関わらず、
同国を巡る懸念は依然として続いている状態なので、
緊張感が高い状態は、まだまだ続くでしょう

【今週の重要指標】
12/21(火)09:30 豪・RBA議事録
12/21(火)正午 日・日銀政策金利 (予想)0.10% (前回)0.10%
12/21(火)16:30 日・白川日銀総裁記者会見
12/22(水)18:30 英・BOE議事録
12/22(水)24:00 米・中古住宅販売件数
12/23(木)24:00 米・新築住宅販売件数

さて、今週はクリスマス・ウィークなので、
市場参加者の減少が予想され
揉み合いを中心とした取引展開になりそうな感じです

しかし、米国ではGDPをはじめ、中古住宅販売・
新築住宅販売・耐久財受注といった
注目度の高い指標発表が控えているので、
このあたりの材料はシッカリを
チェックしていく必要があると思います。

さらに、中国当局が年内に追加金融引き締めに
踏み切るとの観測・噂もあるので、
中国のリスクイベントには要注意ですね


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3436-7ea98866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。