無茶苦茶な投資税制改正に意義あり!開いた口が塞がらない!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の税制改正に盛り込まれた新たな投資税制に、
証券業界からブーイングの嵐が巻き起こっているようです!

株式の売買で得た利益や配当金に課される税率が
2012年1月から原則の20%(今は10%)に戻されることになったわけですが・・・。

その代わりに「投資の裾野を広げる」目的で導入されることになったのが、
年間100万円までの株式や投資信託が対象となる少額投資非課税制度です

つまり、小額投資で得られる売買利益や配当金が非課税になるというものです

小額トレーダーにとっては喜ばしい税制改革と思いきや・・・
その中身をみると完全な欠陥なんです!

まず、非課税対象となる100万円の枠内で投資していたとしても、
途中で別の銘柄に買い替えた場合は非課税対象外となるそうです

「はあ??」

買うのはいいけど、反対売買(売却)は許さないってか?
ちょっと理解に苦しむ税制ルールですね・・・。

しかも、この非課税となる口座は毎年1口座ずつ増やすことができ、
最大で3口座(計300万円)まで拡大できるそうです

「はあ??」

1口座で300万円上限じゃダメなのか?
なんで、わざわざ3口座も開設しなきゃいけないのよ^^;

さらに、この非課税優遇は3年間の時限的処置だそうです

「はあ??」

こんな3年間だけの処置のために、投資家に口座開設の手間掛けさせ、
証券会社も新しいシステムを開発しなきゃいけないのか・・・。

業界関係者いわく、このシステムを開発するには2億円以上はかかるといい
そのシステム開発費が回収できるかどうかも不透明な状況だそうです

まじでお国の考えていることはサッパリ理解できませんね

投資の視野を広げたいって本気で考えるのであれば、
投資家に喜ばれることが大前提です!

それなのに投資家に喜ばれない税制ルールを作ろうとしているなんて・・・。
ほんと、彼らの目は節穴ですね^^;


関連記事
この記事へのコメント
Katsさん
ほんと厳しくなる一方ですよね。こんな民主党の考え方の中、店頭取引の税率引き下げなんて、望む方がどうかしてるのかもしれません(汗
2010/11/25(木) 15:33 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
*>少額投資非課税制度
聞こえは良さそうでも中身は穴だらけというのがほとんどです。条件を多く設けたり、期間限定だったりして実質使えない気がします。基本的に締め付けが厳しくなると考えた方がいいでしょう。
大体、民主党は総合課税にしてもっと搾り取る方針だと思ったけどな。09'マニュフェストhttp://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/10.html#『金融所得課税』で検索
2010/11/25(木) 12:28 | URL | Kats #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3399-83b06a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。