1分で読める今週の注目ポイント!アイルランドの行方は!?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週は、世界の主要株価指数や国際商品が軒並み売られる一方で、
米ドルが全面的に買い戻される展開となりました。
先々週から先週にかけて相場の流れが変化した要因としては、
G20サミットに向けて米追加緩和に対する批判が各国要人から集中したことや、
事前予想を上回る米経済指標が相次いだことが考えられます

また、FEDの国債買入れ規模が縮小方向で見直されるとの
観測が浮上していることもドル買い要因となっているとの声もあるようです

あとユーロ圏ではアイルランドが国内の銀行を救済のために
外部からの支援を求めざるを得なくなるとの懸念が
広がったことからユーロは売られる展開となっています

【今週の重要指標】
11/15(月)19:30 英・BOE四半期インフレ報告
11/15(月)22:30 米・NY連銀製造業景気指数
11/16(火)09:30 豪・RBA議事録
11/16(火)18:30 英・消費者物価指数
11/17(水)18:30 英・BOE議事録
11/18(木)24:00 米・景気先行指標総合指数
11/18(木)24:00 米・フィラデルフィア連銀指数

さて、今週は注目度の高い経済指標の発表に加え、
ユーロ圏では2つの財務相会合が開催される予定となっています

また、最大の焦点はアイルランド救済の行方なので、
市場の関心はユーロ圏財務相会合及び
EU財務相理事会に向けられることになりそうです

一方、米国では経済指標や金融当局者の講演が控えており、
上昇基調にある長期金利の動向が焦点となってくると思います。
それでは今週も張り切っていきましょう!


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

くりっく365にiPhone対応ツールが新登場!岡三オンライン証券!

岡三オンライン証券
【岡三オンライン証券】為替侍の過去レビューはこちら

インヴァスト証券はサービス内容の充実度No.1!(外為研究所調べ)

インヴァスト証券 FX24
【インヴァスト証券】為替侍の過去レビューはこちら



関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3379-a922c530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。