FXトレード戦略!ポンド(英国経済)の低迷が長期化する理由!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイトレ派に絶大の人気を誇るポンド(GBP)ですが
相変わらずの低迷が続いている状態ですね

ポンドを長期的な視野で見た場合、
そろそろ戻り売り圧力が加わりやすい
赤トレンドラインに挿しかかろうとしているので、
ここらへんは一つの山場になりそうな感じです

GBP/JPY_週足チャート_20101109

低迷が続いているポンド(英国経済)が今後、
上昇するかどうかの鍵を握っているのはズバリッ、政策金利です!

為替相場っていうのは政策金利の動向さえ把握していれば
長期のトレンドを予測することが可能ですから。

とゆーことは、政策金利の据え置きが続き、
利上げが見込めない現状を考えればポンドの高騰はありえません・・。

ちなみに英国はインフレターゲットを2%に設定していますが
今年のインフレ率は、この2%という水準に一度も達していないので
政策金利が利上げされる可能性は極めて低い状況といえるでしょう

今後、英国が豪州のように利上げモードに突入すれば
キャリートレードが活発になり、ポンド/円も高騰すると思いますが、
現状のファンダメンタルをみる限りでは、まだまだ先の話になりそうです^^;


参考になったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

短資系FX会社なので信用力は◎!セントラル短資FX!

セントラル短資FX

デイトレ派にとって固定スプレッドは最大の魅力!クリック証券!

クリック証券


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3369-1d82dd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。