ランド/円のテクニカル分析!次のターゲットは!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ・トレーダーのトレードで自動売買ができる画期的な新サービス!
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント
【サザインバストメント】為替侍の過去レビューはこちら

6月に南アフリカ共和国(南ア)で開催されたサッカー・コンフェデ杯。
この大会は来年開催されるワールドカップの前哨戦に位置づけされ、
よーするにワールドカップの予行練習みたいな大会です

南アは来年のワードルカップでの経済効果が期待されますが、
為替相場に与える影響はほとんどないとも言われています

個人的にも、ワールドカップが開催が
大幅なZAR買いに繋がるとは思っていませんが、
ただ、今回のワールドカップ開催は
今までのワールドカップ開催とはちょっと違うんですよね

最近のワールドカップはドイツ・日韓・フランス・アメリカ・イタリアと
先進国開催が続いていましたが、
今回はバリバリの新興国である南アです

ワールドカップが先進国に与える影響は限定的でも、
新興国に与える影響は、確実に先進国以上です

同じ100億ドルの経済効果でも先進国と新興国では
100億ドルの「重み」が違いますから。
まあ、この重みがどれくらい違うのかが
よくわからないので何とも言えないんですけどね
ただ、過度な期待は禁物なので要注意です^^;

ZAR/JPY
面白い記事を思ったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

上図はスワップ派に人気の高いランド/円です
スワップ派といえば、サブプライム問題
勃発で多くのトレーダーが損をしました

そんなことから、「スワップ運用は通用しない」とか
否定的な意見が多くなってきましたが
私は今でもスワップ運用が通用しないとは思っていません

たしかに景気後退局面でのスワップ運用は非常に危険ですが、
景気拡大局面でのスワップ運用は十分、
魅力ある運用スタイルだと思います

もっとわかりやすい表現をするならば
政策金利の上昇期はスワップ運用が機能する時期であり、
政策金利の下降期はスワップ運用をお休みする時期って感じです

今回のサブプライム問題は「100年に一度の不景気」
という、表現をよく見かけますが、
グルーバル化が進んだ今の世界経済では
「100年に一度の出来事が5年~10年に一度は起きてしまう」

つまりスワップ運用といえども、数年単位でメリハリを
つけていく必要があることを、今回学ぶことができました

まあ、例えるならば
「この高校生は10年に一人に逸材だ!」
と、毎年のように10年、20年に一人の逸材が登場しまくる
野球界も似たようなものですね
それだけ、今と昔のレベルは全然違うってことです
あれ・・・何だか余計わかりにくくなってしまったかな・・・^^;

【毎年現れる10年に一人の高校球児】
2008年ドラフト目玉選手 大田(巨) ← 10年に一人の逸材
2007年ドラフト目玉選手 中田(日) ← 20年に一人の逸材(清原以来の逸材)
2006年ドラフト目玉選手 田中(楽) ← 10年に一人の逸材(松坂以来の逸材)
毎年、10年に一人の逸材と呼ばれる大物選手が登場している・・・。

面白い記事を思ったら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

CMS×為替侍限定タイアップ企画!特別デイトレ・レポートをプレゼント!

【CMS】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3355-6dee8f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。