脱税に目を光らせている国税庁!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、FXの確定申告&未納に関する記事を書いたら
何件かコメントいただいたので、
もーちょっと暴露しちゃおうかと思います^^

まず、ここ数年の傾向としては、FXの脱税に関する報道が
TVやネットニュースなどで見かけるようになりました

これらから推測できるようにFXトレーダーの納税率
極めて悪いというころが推測できると思います
事実、国税調査官も同じようなことを言っていました

そこで、FX会社は顧客データを全て国税庁に提出する法案が
1年以上前に可決され、2009年1月1日からスタートしています

今までのルールでは、国税庁といえどもFXトレーダーの
収益データは把握できていなかったため、
誰がいくら儲けているのか、把握するのが非常に困難だったようですが
この法案の可決によって、全てのトレーダーのデータを
国税庁は把握できるようになったんですね
もちろん、ここでいう顧客データとは住所や氏名はもちろん
収益のデータも含まれています

ここまでデータが入手できていれば、あとは自宅訪問するだけです
ただ、国税職員の数にも限界があるので
自宅訪問するのは収益が多いトレーダーからとなるのが
自然な考え方でしょうね
さすがに全トレーダーの自宅に訪問することは不可能です

国税職員が自宅調査に訪れれば、数時間程度の時間を費やし
PCの中をチェックされます
もちろん、そこで見られたデータは全て、国税職員のUSBメモリーへ^^
彼らはエクセルとキャプチャーが大好きです!
当然、銀行口座もFX口座も全て丸裸です

今までは、国税庁も把握しきれてなかったFX分野ですが、
今年からは全て把握できているので、
今年あたりは派手な脱税報道
世間を賑わすんじゃないかと思います

FXブームが加熱した2005年~2009年までの
過去5年間が対象ですからね
ビックリするような脱税額が報じられそうです・・・。

一応、確定申告や納税に関しては
あんまり深くコメントしないようにしていたんですが、
この際だから、もーちょっとコメントしちゃおうかな(笑
続きはまた今度で^^

他では聞けない納税ネタを聞きたい方は
ぜひクリック応援もよろしくお願いしますね^^

興味がある方は応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

為替侍限定のデイトレ必勝レポートが貰えます!FX ZERO!

【FX ZERO】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
惑星さん
コメントありがとうございます
質問の件ですが、
>どのような追徴課税があるのでしょうか?
これは加算税ですね。
申告忘れは10%のペナルティ。
所得隠しは35%のペナルティ。
ほとんどのケースは35%が適用されます
>5年間なのですか?7年間のような気がしたのですが・・
すみません、どっちか忘れました^^;
>PCのデータなんか消しちゃダメですよね?
FX会社にログインして閲覧できる取引履歴は削除できませんよね
以上です^^
2009/06/20(土) 20:08 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
税金ネタありがとうございます。確かに国税局は過去の税金を調べているみたいですね。怖いところは、過去数年にわたって税金を調べられて、未納が判明すると追加税金をとられてしまうところですね。私は脱税したことない(笑)のでわからないのですが、未納がわかると、いくつかの追徴課税がありますよね。延滞税とか、雪達磨式に増えるみたいです。どのような追徴課税があるのでしょうか?
>FXブームが加熱した2005年~2009年までの
過去5年間が対象ですからね
5年間なのですか?7年間のような気がしたのですが・・・7年はデータを保存す義務の期間でしたっけ?
>国税職員が自宅調査に訪れれば、数時間程度の時間を費やし
PCの中をチェックされます
その人がいくら儲けたのかはFX業者の記録に残っているはずですから、PCのデータなんか消しちゃダメですよね?
2009/06/20(土) 17:45 | URL | 惑星 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3333-28a97623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。