スイス介入後のトレード戦略!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回は前回のコメントに引き続き、スイス介入ネタです

とりあえず先週末はスイス介入の憶測からスイス・フランが売られたわけですが、
今後はどういう戦略でトレードしていくか?

今後のトレード戦略はズバリ!
ユーロ売りスイス買い(ショート)です!

つまりスイス売り介入に対して、スイス買いで攻めて行きたいですね

なぜなら、為替介入には下支えをする効果はあっても
トレンドを反転させる力は、ほとんどないからです

なぜなら、為替介入をいうのは実弾を投入するだけの行為なので
経済そのものへの好影響はありません

「為替介入=相場反転」というイメージはあるものの、
実際には相場を反転させる力がないのは過去のデータでも明らかです

また為替介入の目的は相場を反転させることではなく
一方的な相場トレンドに歯止めをかけ、安定化させるのが狙いです

ODL JAPANのチャートを使用しています
EUR/CHF 4時間足
興味深い記事と感じでくれたら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

つまり今回のスイス売り介入の憶測では、上値を抑える黄色ラインまで
上昇し、その後はもみ合っているわけです

さすがに憶測というだけあって、上昇の力は前回のときのような
爆発性はなく、トレンド・レンジ内を突破することができていません

ってことは、直近の高値にストップ指値を置いて
スイス買い(ショート)を仕掛けて行きたいですね!

当然、リミット・ターゲットは青ライン付近となります

ちなみに為替侍は外為オンラインの
兵ブロガーによる週間相場予想で公開している
推奨トレード戦略では、4週間連続でユーロ/スイス売りを推奨しています

七人の兵ブロガーによる週間相場予想

まだ憶測の段階なので、断言することはできませんが
ユーロ/スイスの1.5000以下は介入エリアと言えそうですね

スイス当局による介入は、今後も要checkです!

んじゃ、来週もスイス売り介入は考えられるのか?
次回はこんなところに焦点をあてて、コメントしたいと思います
ぜひ、お楽しみに^^
参考になったと感じでくれたら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

口座数ランキング3位に急浮上!外為オンライン!
外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3271-8006dba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。