貿易収支はココに注目!消費大国の復活へ!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて本日は米・貿易収支が、明日は日・貿易収支が発表されるので
今回は貿易収支についてコメントしてみたいと思います

貿易収支とは輸出から輸入を引いた額です
つまりモノを買う側なのか、売る側なのかという表現方法もできるかと思います

とりあえず下図の米・貿易収支のグラフをみてもわかるとおり、
米国というのは完全な貿易赤字国と言えます

米国の貿易収支
もう少しで順位に動きがありそうです!ブログ村!
スワップ派  スイング派  デイトレ派

「赤字」と言えば、聞こえは悪いですが、
世界経済においては必ずしも悪いとは言い切れません

とにかく米国はモノを買ってくれる国です

「とにかく米国へモノを売れば儲かる!」
「米国にどんどん輸出だ!」

表現方法はちょっと悪いですが、こんな感じに
米国の消費力こそが世界経済を成長させてきた原動力だったわけですね^^

いい商品を作ることができる日本は、米国という購入意欲の高いお客さんによって
経済成長を成し遂げたといっても過言ではありません

んじゃ、本当に米国人は消費力が高いのか?
それを知るための参考資料として米国人の家計貯蓄率というのがあります

米国の家計貯蓄率

上図は米国人の家計貯蓄率グラフですが、
米国人の貯蓄率は年々、減少している様子がわかると思います
言い換えるなら、米国人の消費意欲は年々向上していたわけです

とにかく米国人は買い物好きで、2003年からの住宅バブルでは、
低所得者もサブプライムローンによって住宅購入者が急増!
それによって2005年には貯蓄率ほぼゼロという水準にまで達しています

しかし、リーマンショック以降は貿易収支の赤字額が減っているように
米国がモノを買ってくれなくなったんです

2つのグラフを照らし合わせることで、
貿易収支の赤字縮小とは、個人消費の落ち込みであることが読み取れ
この関係性は密接なものであることがわかります

つまり米国の貿易収支の赤字縮小は、個人消費の縮小であり
マネーの巡回を鈍化させてしまうわけです

今後、世界経済が再び活性化を取り戻すためには
モノを買ってくれる米国へと復活しなくてはなりません

世界経済の再建には米国の貿易赤字拡大が必要なんです!

っとゆーわけで、今夜の米・貿易収支は、
こんなところにも注目してみると、面白いかと思います^^

「勉強になった!」と思ったら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

くりっく365業者でNo.1の人気FX会社!一律20%の税制優遇!
【インヴァスト証券】為替侍の過去レビューはこちら

MT4システムでテクニカル・トレードを磨きをかけよう!ODL Japan!
原油相場もトレードできるODL Japan
【ODL Japan】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
Re
やまゆみさま
こんばんわ、為替侍です
私は電話番号は添えない意見メールということでメールしましたが、
やまゆみさんは電話番号を添えてメールしたんですね!さすがです^^
たしかに既に決定してしまったことを、一個人が覆すことは不可能性ですが、
そういった意見があることが、金融庁の耳に届いたことは事実です^^
地道ながらも、そういった意見を金融庁へ届けることは
大事だと思うので、今後も続けていく姿勢が大切ですよね!
2009/05/12(火) 21:11 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
こんばんわ
例の「ドラゴンFX」の件ですが、今日金融庁から電話がかかってきました。
あくまでも参考程度にその部署の担当者にメールを渡すだけであって、事業者で決めた事をこちらから注意するとか廃業を辞めろとは言う権利はないとの事でした。
やっぱ無理でした!
2009/05/12(火) 20:36 | URL | やまゆみ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3259-c39854c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。