GBP/USDの独自テクニカル分析!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回はGBP/USDのテクニカル分析をしてみたいと思います
当分析は一目均衡表をベースに独自アレンジしたものなので
その信憑性は一切保障できません(笑

ちなみに一目均衡表といえば、雲が表示されているチャートを
イメージされるかと思いますが、
同分析では雲という概念は一切考慮していません

同分析に関する簡単な説明は、
前回のUSD/JPY分析でコメントしているので、
そちらを参考にしてみてください

ODL JAPANのチャートを使用しています
GBP/USD 4時間足チャート
面白そうな記事と思ったら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

同分析方法は、波動論の考え方を元に
高値を結んでいく。同様に安値も結んでいく。

んで、それそれの三角形において相似の関係を確認し、
そこから次のターゲット・プライスを導き出すというものです

例えば、今回のGBP/USDの場合でいうと、
5月中旬頃を目処に、1.5300付近を狙ってくると予測できます

この時、Dの三角形に対する相似の三角形をイメージするわけですが、
その際にサポートラインや値幅観測論も考慮します

値幅観測論といえば、難しく聞こえますがカラクリは簡単で、
画面右下にあるような感じで簡単に求めることができます
尚、今回用いた値幅観測論はN計算値になります

一目均衡表はかなり奥が深い分析手法なので
当解説でもかなり割愛させてもらっていますが、
反響が高ければ、もっと細かく解説しようと思います。
なので興味がある方は、ぜひ応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

くりっく365業者でNo.1の人気FX会社!一律20%の税制優遇!
【インヴァスト証券】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
相互リンクの変更、ありがとうございました。
ポチ×3!
2009/05/07(木) 08:28 | URL | すうぃんぐ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3246-722ac1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。