1分で読める今週の注目ポイント!FOMCは見逃せない!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の為替市場はG20会議終了により
市場の関心が量的緩和(QE2)へシフトチェンジしたため、
ドル安の地合いが維持される格好となりました。

また、ドル/円は、G20で「通貨の競争的な切り下げを回避する」
と合意したことから、逆に日銀は単独介入に踏み切りにくいとの見方へ繋がり、
95年以来の円高水準(80.24円)となっている状況です。

【今週の重要指標】
11/01(月)23:00 米・ISM製造業景況指数
11/02(火)12:30 豪・RBA政策金利 (予想)4.50% (前回)4.50%
11/03(水)21:15 米・ADP雇用統計
11/03(水)23:00 米・ISM非製造業景況指数
11/03(水)27:15 米・FOMC政策金利  (予想)0.25% (前回)0.25%
11/04(木)21:00 英・BOE政策金利   (予想)0.50% (前回)0.50%
11/04(木)21:45 ユーロ・ECB政策金利 (予想)1.00% (前回)1.00%
11/05(金)09:30 豪・RBA四半期金融政策報告
11/05(金)20:00 加・雇用統計
11/05(金)21:30 米・雇用統計

今週は主要各国での金融政策発表の予定に加え、
重要マクロ指標の発表も目白押しとなっており、
週末の米雇用統計まで目が離せない状況が続きそうです!

その中でも最大の注目イベントはFOMCであり、
市場の関心は追加的な国債買入れの規模と期間に集まっています。

市場では、総額5,000億ドル規模の米国債を買入れるとの見方が多く、
もし予想通りの内容となれば、材料出尽くし感から
ドルの買い戻しが広がる可能性が考えられます。

但し、FOMC声明が国債の追加買入れに含みを残したり、
インフレ期待を高めるために、新たな目標を設定する場合は、
ドル買い戻しが一過性の動きにとどまり、
ドル売りの動きが再び強まる可能性があるので要注意でしょう^^;


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

大手FX会社サイバーエージェントFXもくりっく365へ参入!

サイバーエージェントFXのくりっく365


インヴァスト証券のくりっく365は、200枚まで手数料無料!

インヴァスト証券_くりっく365


関連記事
この記事へのコメント
*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!
PING:
BLOG NAME
*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!
2010/12/06(月) 14:24 | URL | 名無しトレーダー #79D/WHSg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3195-b1e5458a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。