1分で読める今週の注目ポイント!今週も円安ムードを持続できるか!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の為替市場は、14日に菅首相の再選が報じられると
ドル安・円高が加速する展開となりましたが、
15日には日銀が6年半ぶりとなるドル買い・円売りの
為替介入を実施したことで85.80円まで上昇しました。

今回の為替介入は、日銀による単独介入でしたが
一日の介入額が過去最大の2兆円規模に上ったことから、
市場に与えたインパクトは大きいものなっています。

また、今回の為替介入に関して米オバマ大統領から
直接的な批判は聞かれなかったものの、米議会や欧州の
要人からは懸念が伝わっているので、今週も介入の効果が
持続されるかが気になるところです


【今週の重要指標】
09/21(火)27:15 米・FOMC政策金利 (予想)0.25% (前回)0.25%
09/22(火)17:30 英・BOE議事録
09/23 (水) 23:00 米・中古住宅販売件数
09/24(木)17:00 独・IFO景気動向
09/24(木)23:00 米・新築住宅販売件数


さて、今週は米住宅指標が、米景気の先行きを占う上で注目度が高く、
前月同様に住宅市場の低迷を示唆する内容となる場合は、
株安・ドル安を起点とするリスク回避の流れが強まってくるでしょう。

またFOMCについては、現行の政策を維持し、新たな金融緩和措置は
打ち出さない見通しとなっているが、ゴールドマン・サックスによると
11月にも量的緩和に踏み切るとの見方を示しているようです。

あとは23日に予定されている日米首脳会談で、為替介入について
何らかの議論が交わされる可能性があるのことから
リスクイベントの一つとして抑えておきたいところですね。


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

クリック証券のくりっく365は高機能ツールが魅力!キャンペーンも来年1月末まで!
くりっく365

デイトレ派必見のFX口座!ドル/円はスプレッド0.7銭!アイネットFX!


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3131-c6d26413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。