1分で読める今週の注目ポイント!二番底リスクに警戒せよ!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週は、ドル/円が15年ぶりの円高水準を更新するなど
依然として超円高相場が続いている状態です。
また米国では中古住宅販売などの大幅な減少から景気の二番底リスクが懸念され、
NYダウが1万ドルを割り込む展開となっています


こうした中、日銀は早ければ8月31日に日銀が臨時会合が開催され、
追加の金融緩和を検討する可能性が出てきたと報じられていますが、
既にバーナンキFRB議長が先週末の講演で追加金融緩和を実施する用意が
あることを言明しているので、仮に日銀が動いたとしても
米指標の結果次第では円高を抑制する効果は限られてくるでしょう。


今週の重要指標
  • 08/31(火)27:00 米・FOMC議事録
  • 09/01 (水) 21:15 米・ADP雇用統計
  • 09/01(水)23:00 米・ISM製造業景況指数
  • 09/02(金)20:45 ユーロ・ECB政策金利
  • 09/03(金)21:30 米・失業率
  • 09/03(金)23:00 米・ISM非製造業景況指数

さて今週は月末から月初の週となるため米国の経済指標を中心に
注目度の高い指標が目白押しとなっており、中でも8月の
フィラデルフィア連銀景況指数が予想外のマイナスとなったことで、
ISM製造業景気指数が判断の節目となる
50を割り込むかどうかに注目したいです。


このほか週末の雇用統計では民間雇用者の増加幅が
減少に転じるリスクが指摘されており、
米景気の二番底懸念が高まる場合には
国債買入れの増額などFEDの追加緩和に注目です。
また月末の31日にはFOMC議事録が発表されるため、
景気の二番底やデフレのリスクをどう判断しているかココも見逃せませんね!


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派


デイトレ派に大人気のFX会社!外為オンライン!

外為オンライン

【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら


FXプライムはジャスダックに新規上場!信用力と強靭なサーバーが魅力!

FXプライム

【FXプライム】為替侍の過去レビューはこちら

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3095-9357312c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。