物価水準で考えれば1ドル=57円が妥当!?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットサーフィンでブログに書く記事ネタ探していたところ
興味深い記事をみつけたので紹介してみたいと思います


あるFX会社の幹部によると、10月くらいまでは80円前後で
推移するが、中長期的には1ドル=60円の突破も可能性があるという


その理由は、日米の物価水準


その幹部の試算によると、超円高だった
95年4月の米国の消費者物価指数を100とすると、
現在の米消費者物価指数は140になるそうです。


一方、日本の消費者物価指数は95年から、ほぼ横ばい。
日米の物価水準からいえば、現在の水準は1ドル57円でも
おかしくないと説明しています


その考えに同調する形で国際金融アナリストの枝川二郎氏も、
95年の円高以降、日本がデフレに突入していることを考えると、
円は今の相場でもまだまだ安いと指摘しています。


さらに第一生命経済研究所も日米の物価水準に着目した
市場レポートを発表し円高阻止がむずかしいことを指摘しています

まあ、物価水準を比較して為替相場の分析する方法は
基本中の基本だと思いますが、必ずしも物価水準どおりに
推移してくれないのが為替相場ですからね


物価水準を比較するだけで、為替相場の未来が読めるようなら
ビックマック指数のような物価比較指数は、
もっと注目を集めているはずですから^^;
たしかに理論的で説得力のある説明ですが、
個人的にはそれほど気にする必要はないと思います


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派


国内最大のFX会社!文句なしの信用力で王座に君臨!外為どっとコム!

外為どっとコム


スプレッド0~0.6は体験しなきゃ損!10,000円のキャッシュバック!DMM FX!

DMM.com証券

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3092-b6425a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。