為替介入が実施された時のトレード戦略!NZD介入を振り返る2

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の記事も日銀の為替介入が実施された時に備え、
過去の傾向から、アレコレを分析してみたいと思います
というわけで、前回と同様にNZD/JPYの1時間チャートから見ていきましょう!


尚、前回の記事を閲覧していない方は
まず、こちらの記事からご覧ください
【過去記事】 為替介入が実施された時のトレード戦略!NZD介入を振り返る1


2007年7月当時のNZD/JPY 1時間足チャート_20100812

NZD/JPYの上昇トレンドは歯止めがかからず



2007年7月当時、NZ当局がNZ高を懸念しNZ売り介入を
実施してきたのは赤矢印で記した週末・週明けの3回です


このチャートからハッキリと読み取れることは
NZ当局が断続的なNZ売り介入を施しても、
キャリートレードの流れが鎮圧できなかったという事実です


一般的に為替介入が実施されると相場の流れは転換すると
思われがちですが、それは全くの誤解であることが
このNZ当局による事例で証明されています。
(もちろん、この為替介入の事例だけをサンプルに
考えているわけではありませんよ^^;)


そもそも、為替介入とは行き過ぎたトレンド相場を
安定化させることが目的であるため、
為替介入が実施される状況は必然的に急激なトレンド相場となります


そんな急激なトレンド相場の中で為替介入が実施された場合、
我々、FXトレーダーはどんなトレード戦略で対応すればいいのか?


その答えは簡単です^^


為替介入が入ろうが今までどおりのトレンドを重視した
トレード戦略の継続で問題ないでしょう!


なぜなら、過去の為替介入実績をみていても
為替介入の実施によってトレンドが即転換したという事例がないからです


というわけで、次回の記事では為替介入が実施されても
トレンドが転換しなかった事例を挙げていきたいと思うのでお楽しみに!


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派


大手FX会社サイバーエージェントFXもくりっく365へ参入!


サイバーエージェントFXのくりっく365


くりっく365最安値の手数料キャンペーン!岡三オンライン証券


岡三オンライン証券


関連記事
この記事へのコメント
Re
しかいらいんさん
リンクありがとうございます^^
もし相互リンクを希望される場合は遠慮なくコメントくださいね!
2010/08/14(土) 00:33 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
トラックバック有難う御座います!
リンク貼らせて頂きました!
FXの事、勉強させて下さい。
2010/08/13(金) 21:08 | URL | しかいらいん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/3068-4a76f043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。