ドル限界論!米国へ揺さぶり攻撃?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の基軸通貨と位置づけられている米ドル。
そんな基軸通貨である米ドルに揺さぶりを掛けているのが中国です!

先日、中国人民銀行の周小川総裁が、
基軸通貨として米ドルには限界があるという論文を発表し、
現在、その波紋が広がっているようです

周小川総裁
中国人民銀行の周小川総裁
ご迷惑でなければ一日一回の応援クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

中国の外貨準備は約2兆ドル(約200兆円)を誇り、
外貨準備高&米国債保有高ととも世界一なんですよね

どうやら来月初めのG20金融サミットや米中首脳会談を前に
米国に揺さぶりをかけるのが狙いのようだが・・・。

周総裁の論文は、既に人民銀のホームページで発表されており
世界に流動性を供給すると同時に、
通貨価値の安定を確保することはできない

と基軸通貨である米ドルを否定しています!

その上で米ドル、ユーロ、円、英ポンドの
通貨バスケットで算出されるIMFSDRを使用範囲拡大し、
基軸通貨として活用していくことを提案しています

この揺さぶり攻撃には大型景気対策で財政赤字を
拡大させる米国に釘を刺す狙いがあるとみられているようですが^^;

一方、オバマ大統領は24日の記者会見で、
新たな基軸通貨について「必要とは思わない」と反論し、
ガイトナー米財務長官も「ドルは支配的な準備通貨」と反論!

まあ、今すぐに米ドルが基軸通貨の座を奪われることは
考えにくいと思いますが、米ドルの基軸通貨反対派にとっては
この金融危機は米ドルに揺さぶりを掛ける
絶好のチャンスでもあるわけですからね^^;

【参考記事】 2008/06/05 通貨バスケットとは
【参考記事】 2009/03/28 IMFとは
【参考記事】 2009/03/28 SDRとは
インターバンク市場の注文状況を知る方法!
今、売れている書籍を無料でほしい方はコチラ!

口座数ランキング1位!外為どっとコム!
国内No.1の外為どっとコム
【外為どっとコム】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2949-34f67637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。