FX事業撤退へ!カネツGKGoh!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

カネツGKGohは、4月27日付にてFX事業の全部を北辰物産へ譲渡し、
第1種金融商品取引業を廃業すると発表しました

、カネツGKGohで保有していたポジションは、
北辰物産の審査付という条件で移管することができるようです

まあ、カネツGKGohという業者は、存在こそ知っておりましたが
あまりクローズアップされることがなかったので
存在を知らなかった方もかなり多いかと思います

カネツGKGohは、手数料が片道50銭と、かなり高い手数料を
とっていたので、顧客もあまり集まらなかったようですが
顧客にとって「ポジションの強制決済」で幕を閉じるという
最悪の事態は免れたのは不幸中の幸いかもしれません^^;

やっぱり自分の保有ポジションが
業者の都合で強制決済されられるのは、納得できませんからね^^;

ちなみにカネツGKGohの顧客預かり金の保全体系は
信託保全ではなく分別管理だったんですよね

もしかしたら、4/1から導入されるFX業者の信託保全の義務化
の絡みも踏まえた上で、FX事業を撤退するタイミングは
今がベストと判断したのかもしれませんね
あくまでも個人的な推測ですが・・・。

ブログ村に新カテゴリが登場です!スイング専用カテゴリ!
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

たしか私の記憶が正しければ、金融庁に登録されている
FX業者は2008年夏(リーマンショックが起きる前)で
最大129社あったと記憶しています

それが、毎月にように発表される事業撤退によって
今では117社まで淘汰されてきました^^;

一部の業界関係者いわく、4月から導入(10月までの猶予付)される
「信託保全の義務化」に伴い80社くらいまでは減るのでは?
と推測される方もいるようです

また、「信託保全の義務化」はFX業界へ新規参入する上でも
高いハードルとなるため、今後は新規参入業者も少なくなるでしょうね

上場企業の親会社がバックボーンにある、というなら
新規参入と同時に信託保全の導入が可能かもしれませんが、
後ろ盾がない業者がFX業界へ飛び込んでくるのは
今後、極めて厳しいといえるかと思います

例えば、外為オンラインFXトレーディングシステムズのように
今でこそデイトレ派に高い支持を得ているFX業者でさえも
FX業務をスタートした当時は分別管理だったわけですし。

さすがに信託銀行も、実績のない企業に対して
何でもかんでも信託保全を締結してくれるわけではありませんからね!

銀行業が「何でもあり」をやっちゃうと
新銀行東京みたいにイメージがガタ落ちにっ(笑

面白い記事と感じてくれたらクリック応援よろしくお願いします^^!
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

ひまわり証券はCFD取引のパイオニア!
ひまわり証券のCFD取引
関連記事
この記事へのコメント
リンクフリー
http://www.world-realtime-markets.com/" rel="nofollow">http://www.world-realtime-markets.com/
上記URL世界の株価指数のページを作成しました。
リンクフリーなので、ブログでご自由にご利用ください。
2009/03/24(火) 12:23 | URL | 世界の株価指数 #-[ 編集]
カネツGKGohがFX事業を譲渡
PING:
BLOG NAME
何度も言っていますが、FX業者の数はあきらかに過剰であり
これからもどんどん撤退・廃業が続くことは避けられません。
今回はカネツGKG...
2009/03/24(火) 12:16 | URL | 名無しトレーダー #79D/WHSg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2940-a3277311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック