FX業者の破綻劇はまだまだ・・・これから!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時の流れとは早いもので、もう3月下旬です
一年の1/4が終わろうとしているんですね・・・。

とゆーわけで、そろそろ4月を迎えるわけですが、
4月からはFX業者に対する信託保全の義務化
が実施されます!

とは言っても、半年間の猶予付なので実際には
10月までに信託保全を導入すればいいわけですが・・・。

ちょっと為替侍の方でも勘違いしていたんですが
この信託保全の義務化は100%の信託保全らしいんです^^;
つまり一部信託保全というのは認められません

ってことは、まだ信託保全を導入していない
FX業者側にとっては、かなりハードルの高い条件になってきそうです

ブログ村に新カテゴリが登場です!スイング専用カテゴリ!
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ

まだ信託保全しないないFX業者が問題となってくるのは2つ!

一つ目は全額信託保全を導入できるのかどうか?
二つ目は信託保全した後に自己資本規制比率をクリア出来るのか?

一つ目の点に関しては、金融庁から各信託銀行へ
「FX業者から信託保全のお願いがあったら前向きに考えてほしい」と
話は通してあるらしいですが、実際に判断するのは信託銀行なので
コレに関しては金融庁もこれ以上のお願いはできません

当然ですが、このハードルを越えられず、
破綻するFX業者は必ず出てくるでしょう!

二つ目の点も要注意です
最近ではほとんどのFX業者がHP上で自己資本規制比率
開示しているので、ココにも目を通してほしいです^^

一応、ルールとしては3ヶ月に一度は開示情報の更新をする
ことになっていますが、更新頻度は各業者でマチマチです

毎月更新する業者は、顧客に対ししっかりと開示する姿勢から
透明感が高い業者といえるかと思います

逆に更新頻度が極めて遅いFX業者も存在します
例えば、今でも一年前の自己資本規制比率を開示している
業者も存在します・・・。

まあ、気になる業者名はココでは伏せておきますが・・・。
この件に関しては近日、無料メルマガの方でこっそりコメントしたいと思います^^;

参考になったらクリック応援よろしくお願いします^^!
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

ポンド円スプレッド 3 は脅威的!手数料無料で1000通貨単位トレード可能!

【ヒロセ通商】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2937-e4a726f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。