ドル/円の時間帯別のスプレッド固定率を調査!クリック証券!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よりスプレッドの狭いFX会社でトレードしたいと思い、
FX会社のHPを巡回してみると、各社がHPで表記している
スプレッドに信憑性がなく不満を感じている方も多いと思います


例えば、FX会社のHPをみると「ドル/円のスプレッドは0銭~!」
という感じに、スプレッド0を強く主張しているにも関わらず、
実際にログインしてみるとスプレッド0で提示されている時間帯が
ほとんどなかったりすることも決して珍しくありません

トレーダーの立場からすれば不満を感じるのは当然である一方、
FX会社が嘘を言っているというわけでもありません

どっちが悪いと言い切ることができないこんな状況を解決するには
金融庁がFX業者に対して表示・開示に関する一定のルール
設けたほうがいいんじゃないかなって個人的には思います

例えば、一ヶ月間のスプレッド提示の平均値で表記するなど・・・。

20100620-01.png

もしくはクリック証券のHPで開示しているような
スプレッドの固定率を公表し、さらにどの時間帯に
どれくらいのスプレッドに広がったのかをシッカリと開示するべきでしょう

クリック証券のようにスプレッド固定率時間帯別のスプレッドを開示してくれれば
トレーダーは誤解を招くこともなくなるし、非常にありがたいです

上図のクリック証券の時間帯別のスプレッドをみてみると
流動性が低下しやすい日本時間の朝方に
スプレッドが広がりやすいみたいですが
それ以外は完全固定スプレッドが実現できていることがわかります

重要指標が多く発表される欧州時間やNY時間では
スプレッドが拡大されることなくトレードできるので
クリック証券のスプレッドはかなり魅力的ですね

20100614-01.png

【クリック証券 取引概要】
サービス名:クリックFX
取引手数料:無料
スプレッド:USD/JPY=0.8 EUR/JPY=1.8 GBP/JPY=2.8など(原則固定スプレッド)
取引通貨ペア数:14通貨ペア
レバレッジ:最大200倍
取引単位:1万通貨単位
モバイル取引:○
完全信託保全:○(三井住友銀行)
自己資本規制比率:307%(2009年12月現在)

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2815-e60b1345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。