1分で読める今週の注目ポイント!主要人の発言に注目!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は米・雇用回復期待からリスク選好に傾斜する場面がみられましたが、
週末には仏大手銀行がデリバティブで損失を出したという噂や、
ユーロ/スイスが介入警戒ゾーンとして警戒してきた、
サポートラインを割り込んできたことでリスク回避の流れへと一転しました。

さらに、NY時間には米・雇用統計が予想を大幅に下回ったことから
失望売りとなりユーロ/ドルは1.2000を割り込むなど大荒れの相場展開となりました。

その他にもハンガリーの財政懸念などが浮上しており
市場は極めて緊張感の高い状況と言えるでしょう。

【今週の重要指標】
06/09(水)27:00 米・ベージュ・ブック
06/10(木)06:00 NZ・RBNZ政策金利 (予想)2.75% (前回)2.50%
06/10(木)10:30 豪・雇用統計
06/10(木)20:00 英・BOE政策金利 (予想)0.50% (前回)0.50%
06/10(木)20:45 ユーロ・ECB政策金利 (予想)1.00% (前回)1.00%
06/11(金)21:30 米・小売売上高

さて、今週はユーロ圏財務相会合やECB理事会が開催される予定で、
市場の関心は当局者の記者会見に集まっているようです。

その中でも最大の注目ポイントはECB理事会後の
トリシェ総裁の政策発表会見であり、
ECBの国債購入拡大や緊急流動性対策の強化について
言及があるかどうかが焦点となりそうです。

また米国では、バーナンキFRB議長の「経済の現状・FRB からの視点」を
テーマとする議会証言が火曜日から水曜日にかけて行われるので
ココも見逃せないポイントでしょう!
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2792-c8d9cb71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。