1分で読める今週の注目ポイント!スペインはどうなる!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月の金融市場はギリシャの債務危機をきっかけに、
リスク回避の動きが急激に強まったことで大荒れの展開となりました。

また、先週末に格付け会社フィッチが格下げを発表したスペインは
10年間続いた不動産バブルが崩壊し、金融機関の不良債権は
3,000億ユーロ以上を抱えていると言われているので
今後はスペインの動向にも注視しなければなりません。

その他にも世界の主要株価指数は全面安となるなど
緊張感の高い相場展開は6月も続くことになりそうですね。

【今週の重要指標】
06/01(火)13:30 豪・RBA政策金利 (予想)4.50% (前回)4.50%
06/01(火)22:00 加・BOC政策金利 (予想)0.50% (前回)0.25%
06/01(火)23:00 米・ISM製造業景況指数
06/02(水)10:30 豪・GDP
06/03(木)21:15 米・ADP雇用統計
06/03(木)23:00 米・ISM非製造業景況指数
06/04(金)20:00 加・雇用統計
06/04(金)21:30 米・雇用統計

さて、月初めとなる今週は主要各国の重要指標が目白押しとなっており、
その中でも特に注目したいのが加・BOC政策金利と米・雇用統計でしょう!

加・BOC政策金利ではリーマンショック以降、
久しぶりの利上げが予想されているので
資源国通貨の反応に注目したいところです。

そして米・雇用統計では非農業雇用者数が+50万人
大幅増の予想となっているのでココも見逃せません!

ただ、リーマンショック以降、米・雇用統計が好結果となっても
それが新しいトレンドを形成するという動きにはなっていないので
ドル/円の戻り売り圧力には要注意です
それでは今週も気合を入れてトレードがんばっていきましょう!

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

手数料が安いくりっく365で税制優遇!岡三オンライン証券!
岡三オンライン証券
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2780-b650a7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。