アジアに投機マネーの流入加速!中国元切り上げ観測!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金融危機後、高い経済成長が続くアジア地域に
投機マネーが流入しているようですね。

現状は中国の人民元の切り上げ観測が強まっていることもあり、
韓国ウォンやインドルピーなどのアジア通貨は
対ドル、対円で約1年半ぶりの高値を記録している状況です
もちろん中国への資本流入も膨らんでいます。

アジアの紙幣
アジアの紙幣

アジア各国・地域は金融引き締めで景気過熱を抑えたいところでしょうが、
利上げ観測が通貨高を招き、マネーの流入をさらに加速させる
可能性は十分に考えられそうです

まあ、アジア通貨上昇の背景には、日本や米国、そしてユーロ圏と比べ
高い経済成長率という理由も挙げられると思います

IMFが発表した資料によると、3%程度の経済成長率の米国、
1%程度のユーロ圏に対し、アジア地域の経済成長率は
2010年、2011年ともに7.1%の経済成長を見込んでいます

最近はユーロ圏への懸念が高まっているだけに
どこに投機マネーが流れているのか
しっかりとアンテナを張っておきたいですよね^^

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

ドル/円は固定スプレッド0.8!デイトレ派に大人気!クリック証券!
クリック証券
【クリック証券】為替侍の過去レビューはこちら

【クリック証券 取引概要】
サービス名:クリックFX
取引手数料:無料
スプレッド:USD/JPY=0.8 EUR/JPY=1.8 GBP/JPY=2.8など(固定スプレッド
取引通貨ペア数:14通貨ペア
レバレッジ:最大200倍
取引単位:1万通貨単位
モバイル取引:○
全額信託保全:○(三井住友銀行)
自己資本規制比率:307%(2009年12月現在)
完全信託保全:○(日証金信託銀行)
モバイル取引:○(DoCoMo、au、Softbank対応)
自己資本規制比率:344%(2009年12月現在)
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2735-344e2b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。