1分で読める今週の注目ポイント!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は米・格付け会社S&Pがギリシャのソブリン格付けを
ジャンク等級となる「BBプラス」へ3段階引き下げたことに加え、
ポルトガルとスペインの格下げを発表しました。

それに対し、EUとIMFは14兆円という史上最高規模の支援することで、
合意したとも伝えられているため、ソブリン・リスクへの懸念が
先行するのか、それとも支援への期待感が先行するるか、
その方向性が非常に見えにくく一進一退の相場展開が予想されます

【今週の重要指標】
05/03(火)23:00 米・ISM製造業景況指数
05/04(水)13:30 豪・RBA政策金利 (予想)4.50% (前回)4.25%
05/05(木)21:15 米・ADP雇用統計
05/05(木)23:00 米・ISM非製造業景況指数
05/06(金)20:45 ユーロ・ECB政策金利 (予想)1.00% (前回)1.00%
05/07(金)20:00 加・雇用統計
05/07(金)21:30 米・雇用統計

今週は月初めの週となるため各国経済の重要先行指標が目白押しです。
特に週末の米・雇用統計の動向は最大の注目材料になってくるでしょう!

また、今週はバーナンキFRB議長の講演が控えており、
先週末に発表された流動性吸収手段「ターム物預金ファシリティー」
関する発言に注目が集まってくると思います。

その他には、英総選挙の投票結果を巡る観測報道によって
ポンド相場が不安定な値動きをする可能性には留意したいところです。

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2734-b3de34e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。