今週の注目ポイント!ギリシャの行方は!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週はゴールドマン・サックス問題の余波が警戒され、
リスク回避の動きが先行しましたが、その後は懸念は後退し、
米大手企業の好調な企業報告などを背景に急速な立ち直りを見せている。

これに対して、ユーロ圏はギリシャの債務問題を巡る懸念から株式市場は低迷し、
ギリシャ政府は先週末にEUとIMFに対して金融支援要請に
追い込まれる格好となっているため、まだまだ油断はできない格好です。
ギリシャの財政問題に関しては今週も市場の注目が高い材料なので
引き続き要注意といったところでしょうね

【今週の重要指標】
04/27(火)23:00 米・消費者信頼感指数
04/28(水)27:15 米・FOMC政策金利 (予想)0.25% (前回)0.25%
04/29(木)06:00 NZ・RBNZ政策金利 (予想)2.50% (前回)2.50%
04/30 (金) 正午 日・日銀政策金利 (予想)N/A   (前回)0.10%
04/30(金)21:30 米・GDP

今週は月末ということもあり、注目度の高い経済指標が多数控えていますが、
やはり市場の注目材料はギリシャの財政問題でしょう!
まず、ギリシャ財政問題では支援実施が迅速に行われるかが注目され、
ギリシャ国債の利回りや信用保証料が市場の信認を測るバロメータとなりそうです。

あとFOMCに関しては、サプライズの可能性もなく、
今月中旬にバーナンキFRB議長の発言があったことを考慮すれば
それほど大きな関心材料になるとは思えません
それでは今週も気合を入れてトレードがんばっていきましょう!
関連記事
この記事へのコメント
ギリシャ
PING:
BLOG NAME
ギリシャに関するブロガーの意見を集めました。
ギリシャは欧州版のサブプライム危機 JBpress(日本ビジネスプレス)今週は、欧州通貨同盟の11年間の歴史の中で最も重要な1週間になる。週末までには、ギリシャの財政危機を封じ込めることができるのか、あるいは危機がユー
2010/04/27(火) 04:27 | URL | 名無しトレーダー #79D/WHSg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/26(月) 19:56 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2726-55d88984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。