ユーロ/円を値幅観測論で分析!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

前回のコメントでは値幅観測論の説明をしたので
今回は実際に値幅観測論でユーロ/円の
テクニカル分析をしてみたいと思います

「値幅観測論とは何ですか?」
という方は過去記事をご覧になってくださいね^^

【過去記事】2010/3/20 一目均衡表の値幅観測論とは


上図のチャートはフォレックス・ドットコムのMT4を使用しています。
フォレックス・ドットコムは1,000通貨単位のトレードが可能なので初心者にもお薦め!


上図はユーロ/円の月足チャートです
この月足チャートに値幅観測論を当てはめていくと
①-④のN波動は、①-②の値幅と③-④の値幅が
ほぼ一緒なのでN計算値の考え方と合致しているのがわかります

そしてサブプライム問題の勃発によりユーロが
暴落していった④-⑥の流れを考えると、
まずは①-⑤で結んだトレンドラインを意識すべきでしょう
ここで押し目の動きがあるかどうかを見極めることになります

その後、押し目の動きがなく⑤を割り込んでくるようなら
ここではじめて値幅観測論を用いて90円⑦を算出することになります
ちなみに⑦を算出するために用いた値幅観測論は
過去の安値①を考慮し、V計算値で求めています

よーするに、現段階では値幅観測論を用いて
どこまで下落するかを予想するのは時期尚早であり、
まずは押し目買いがあるかどうかに注目です!
参考になったと感じてくれたら、応援クリックもよろしくお願いしますね^^

応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

国内系No.1のテクニカルツール!その凄さは過去記事からチェック!オクトFX!
オクトFX
【オクトFX】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2668-006c4515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック