ドバイショックから負の連鎖は?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRBは先日、公定歩合を0.50%から0.75%に引き上げました
引き上げに関して米主要人は「引き締めサイクルの始まりを示唆していない」
と強調したものの、為替相場はドル買いの流れとなっています

ファンダンタルをみても、企業も雇用が上向き状態だし
ドン底の不景気は抜け出した可能性が高いでしょう

ただ、ドバイショックへ懸念が完全に消えたわけではないので、
油断できないと個人的には考えています

というのも、思い起こせばサブプライム問題が
表面化した2007年3月の金融市場は大混乱となりました
(世界同時株安&チャイナショック)

そして同年7月には再び大暴落し、
FRBは大幅な利下げ(5.50%→2.00%)や
金融機関の救済処置などを迅速に行ったことで、最悪期は脱したと思われた・・・。
また、当時の米主要人も2008年冬くらいには再び利上げの必要があると
利上げを示唆していたと記憶しています。

しかし現実は違った!

2008年9月にリーマンブラザースが破綻!
本当の悲劇はココからはじまったわけです

サブプライム問題が表面化してからリーマンブラザースが
破綻するまでの期間はおよそ1年半です。

今回のドバイショックというのも
ドバイのリゾート大開発のためにユーロ圏の金融機関を中心に
世界各国から多額の融資を受けており、まだ完済できたわけではありません
時間差で大問題になる可能性だって十分考えられると思うんです
もしも、焦げ付いてしまったら・・・

賛同いただけた方は応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

約定能力は業界トックプラス!100%信託保全のマネックスFX!
マネックスFX
【マネックスFX】為替侍の過去レビューはこちら

1,000通貨単位でトレードができるMT4!フォレックス・ドットコム!
フォレックス・ドットコムMT4
【フォレックス・ドットコム】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2621-50012026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。