人民元の切り上げによって円高になるのか

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

中国による人民元の大幅な切り上げによって、
中国経済が打撃を受けるとの懸念からリスク志向が後退するとみられ、
円が最も恩恵を受ける公算が大きいという。
また米ドルも安全な逃避先として恩恵を受けるのでは?という声もあるようです

逆にニュージーランドとオーストラリアが中国に一次産品を輸出しているため、
両国通貨にも打撃を受けるという懸念もあるようです
ようするに円高、ドル高、豪ドル安、NZ安っってことでしょう

まあ、実際にはどうなるかわかりませんが、
今じゃアジア経済の中心となる中国経済は
市場へ与えるインパクトはかなり大きいので要警戒ですね!

20100414-03.png
↑USD/CNY(中国元)の週足チャート
関連記事
この記事へのコメント
Re
ココさん
コメントありがとうございます
どうなんでしょうかね、金融危機以降は逃避通貨とも言われるようになった
米ドルのポジションはどうなっているのか。
こればっかりは来る時がきたら、わかると思います^^
2010/04/14(水) 21:27 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
ドル安?
中国はドルペッグでレートを維持するために、大量の元を売って、大量のドルを買っています。
元の切り上げをすれば、その量が多少は少なくなるはずです。
したがって、短期的にはドル安になりやすいのではないですか?
長期的には、元が切り上げになれば、米国の貿易赤字は少なくなるので、中国の為替介入によるドル買いが減っても、ドルに対してはイーブンだという考え方もできます。
また、以前のようにドルペッグではなく、通貨バスケットへのペッグを採用すれば、ドルが安くなり、バスケットに入るドル以外の通貨が高くなると思います。
SDRの通貨バスケットと同じバスケットになるとすれば、割合が大きいユーロが最も高くなり、ポンドや円も上がるのではないでしょうか。
ただ、以前に中国が通貨バスケットを採用したときにも、バスケットの中身は公表されませんでした。
資源が豊富で、将来性があるということで、豪ドルやカナダドルもバスケットの通貨に採用されれば、ドルやユーロに比べて流動性が低いだけに、上がりやすいかも。
可能性は低いでしょうが。
2010/04/14(水) 17:14 | URL | ココ #ZhpB80kE[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2583-2c8b9297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック