海外FX会社の信用力は桁違い!その理由は!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は海外のFX会社が、かなり注目を集めてます!
その最大の理由は金融庁によるFX規制だと思います

2010/2/1から完全導入される100%信託保全の義務化は
トレーダーへのデメリットが全くないので大歓迎の規制ルールだと思います

しかし、レバレッジ規制に関しては
必ずしもトレーダーにメリットがあるかといえばそうではありません
低レバレッジでトレードするスイングトレーダーにとっては
それほど影響のない規制だと思いますが、
レバレッジを上げて一日何回ものトレードを繰り返す
超短期派トレーダー(スキャルピング)にとっては
致命傷ともいえるFX規制だといえるでしょう

少なくともFXが一つのデリバティブ商品として人気が出た最大の理由は、
サナリーマンの小遣いでも投資することが可能になった、
このレバレッジ取引にあるといっても過言ではありません

また、海外FXの中には日本語対応のHPや
日本語による電話サポートも対応しているのも魅力の一つです

付け加えて為替侍がみんなに知ってほしいのは
海外のFX市場が国内よりも健全であるということです!

そもそも国内でFX業務を行う場合は
金融庁への登録と資本金5,000万円あればOKです

しかし海外のFX会社は資本金に関するルールがすごく厳しいんです

例えば米国の場合「FX業務を行うには2,000万ドル(約20億円)が必要」
という 厳しい自己資本が義務付けられています

さらに顧客預かり資産が、1,000万ドル(約10億円)を超えるごとに
プラス5%を上乗せした自己資本が必要となってくるので、
顧客預かり資産が大きければ大きいほど、
高い自己資本を保たなければならないのです

ただし、インターバンク直結のシステムを採用し、
全ての顧客注文をカバー先へカバー取引している場合は、
FX会社が抱えるリスクが軽減されるため、
この5%ルールは免除されるんです

こーやって日米の資本規制を比べてもその差は歴然ですよね
ちなみに国内で20億円の自己資本を用意しているFX専業業者は0社です
(証券会社は20億円以上あります)

国内FX専業業者で自己資本が多いFX会社は
18億円のマネックスFX、13億円のFXプライム あたりですね
ちなみに国内最大の顧客数を有する外為どっとコムは8億円です

つまり米国内でマイナーって呼ばれているFX会社でも
国内のFX会社と比べれば、自己資本は圧倒的に多く
健全な米国のFX規制の中で運営されているんです

実は海外FXはちょっと怖いっていう認識は
先入観によるものだったりするんですよね^^;

参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

【日本語対応で簡単に口座開設ができる海外FX会社】
FXCM UK
FXCM UK
【取引プラットフォーム】
・トレーディングステーション(FXCM Japanと同じプラットフォーム)
・MT4(ODL Japanと同じプラットフォーム)
最大レバレッジ:200倍
取引手数料:無料
入金方法:クレジットカード入金(カード手数料無料)
送金窓口:銀行振込・ATM・インターネットバンキング

AVA FX
AVA FX
【取引プラットフォーム】
・AVAトレーダー(FXTFと同じプラットフォーム)
最大レバレッジ:200倍
モバイル取引:○
【取引プラットフォーム】
・AVA AUTO トレーダー
最大レバレッジ:400倍
【取引プラットフォーム】
・MT4(ODL Japanと同じプラットフォーム)
システムトレード・自動売買可能
口座開設で10,000円のキャッシュバックキャンペーン中

FXDD
FXDD
【取引プラットフォーム】
・MT4(ODL Japanと同じプラットフォーム)
システムトレード・自動売買可能
取引手数料:無料
取引通貨ペア数:21通貨ペア
最大レバレッジ:100倍
入金方法:クレジットカード入金
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2578-a0512f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。