三菱商事フュ-チャ-ズがFX事業撤退へ

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三菱商事フューチャーズがFX事業から撤退し、
上田ハーローFXに事業譲渡すると発表しました
尚、同社のFX事業終了は2010年3月27日です

詳しくは両社のHPにて事業譲渡が発表されているので
興味がある方は、ぜひアクセスしてみてください

三菱商事フューチャーズは商品先物に力を入れている業者ですが
FXにおいても2001年から取り扱いを開始しており
FX業界では老舗中の老舗です

興味深い記事と感じてくれたら応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

また、今だからこそ言えることかも知れませんが
三菱商事フューチャーズといえばタイムクウォークを
利用したアービトラージが使えたFX業者としても有名でしたね

このタイムクウォークが、どーゆーのかっていうと
為替侍がFXを始めた2004年頃は、成行注文をした場合、
一定時間、レートが固定され、そのレートで注文するかしないかを
トレーダーに判断してもらう猶予時間というのがあったんです

このタイムクウォーク機能付のシステムを採用している
FX業者さんは多く存在し、その多くのシステムは
10秒間の固定レートというのが一般的でした

また、当時の米・雇用統計というのは
ADP雇用統計が注目されていなかった時代でもあるため
1TICKで50pipsくらいレートがスリップすることは
決して珍しいことではなかったんですよね

なので、このタイムクウォークの画面を表示された状態で
リロードをしながら雇用統計の発表を待機し、
レートが思いっきりスリップしたら、スリップ前のレートで
約定をさせることが可能だったんです

そして、同じ方法をで待機しながら即決済。
100枚で50pips抜きなら、数秒間で50万円の利益です

当時、この手法で儲けた方は、結構多いと思います
また、この手法がネット上で広まったため
タイムクウォーク機能はこの世から
徐々に姿を消していったのは言うまでもありません^^;

BBB+の格付けを得ているFX業者は上田ハーローFXとセントラル短資だけ!


シグナル売買搭載システム!情報サイト「FXライブ」は必見!

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2577-413a6afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。