話題のフォーランドフォレックス!FXの仕組みとは?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、FX業界ではフォーランドフォレックスの動向に注目集まっています

その理由はフォーランドフォレックスが信託保全先の変更をする際、
信託銀行からカバー先へのL/G(保証状)が発行されないことが
大きな問題を引き起こしているようです

この問題を理解するにはFXの仕組みを理解する必要があります
そこで今回は、FXがどのような仕組みになっているのか、
簡単に説明したいと思います

20100128-03.png
参考になったら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

上図はFXの仕組みを説明した簡略図です

例えば、個人トレーダー(顧客)が10万円を入金して、
米ドルを1万通貨買い建てしたと仮定しましょう

まず、トレーダーがFX会社へ入金した10万円は
FX会社を介して信託銀行に金銭信託されます
これが、いわゆる信託保全ってヤツですね

そして、トレーダーが仮に1万通貨の買い建てたとしましょう
トレーダーがFX会社に注文をすると、FX会社は顧客から受けた注文と
同じポジションをカバー先へ注文します
そうすることでFX会社は自社リスクを避けることができます

ただココで問題になってくるのがFX会社と
カバー先との間で発生する証拠金です

我々、個人トレーダーがFX会社に証拠金を預け入れるように
FX会社もカバー先へ証拠金を預け入れなければなりません

しかし、顧客から預かった証拠金は信託銀行へ流れてしまっているので
FX会社はカバー先への証拠金を自社で用意するしかありません
でも、現実的に考えると、FX会社の規模が大きくなればなるほど
カバー先へ預け入れる証拠金も大きくなるため
とてもじゃないが、FX会社が用意できるはずがありません^^;

なので、この問題を解決するために
信託銀行からカバー先へ保証状(通称:L/G)を発行してもらい
そのL/Gの信用力を担保にFX会社はカバー先へカバー注文を行っています
このスキームは、どこのFX会社でも同じです

んで、フォーランドフォレックスは信託保全先の変更に伴い
このL/Gが発行してもらえないっていう事態になっているわけです
当たり前の話ですがL/Gの発行にも時間が要ります

そのためL/Gが発行されるまではフォーランドフォレックスは
自社資金でカバー先への証拠金を賄わなくてはなりません

当然、そんな多額な証拠金を用意できるわけがないので
ポジションを保有する顧客に対し、ポジションを
縮小してもらうようにお願いをしているわけです

今回はフォーランドフォレックスで、この問題が生じましたが
これはどこのFX会社でもおこりえる話だと思います

フォーランドフォレックスが財政難だったというわけではありません
むしろフォーランドフォレックスはスワップ派に人気が高く、
黒字経営のFX会社ですから・・・。
今後しばらくは、フォーランドフォレックスの動向からは目が離せません!

参考になったら、応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

口座数ランキング1位!国内最大のFX会社!信用力はピカイチ!
国内No.1の外為どっとコム
【外為どっとコム】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
Re
ゆみゆみ様
いつもコメントありがとうございます^^
FXの仕組みに関する記事は、ほんと大まかな流れを説明しただけですので^^;
厳密にいえば、各FX会社の仕組みって言うのは
異なってくると思いますよ
今後もよろしくお願いします!
2010/01/30(土) 13:51 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
フォーランドの記事ありがとうございました。
詳しすぎて勉強になります。
とりあえず危機は脱したようです。
金融機関から追加の資金調達を行なえたことで、以降の保証金の状態はより安定的となりました。
これにより、建玉の縮減をお願いするような状況は脱しましたことをご報告申し上げます。
って連絡来ました。
リスクは自己管理で!って再度認識しました。
2010/01/29(金) 22:44 | URL | ゆみゆみ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2573-ccb438df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。