今週の注目ポイント!オバマ政権の一般教書演説!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の為替市場はギリシャの財政不安や
オバマ大統領の金融規制案を受け、
大荒れの相場展開となりました。

また、NYダウは大幅な乱高下となり、
原油や金など先物市場は軒並みの下落と
こちらも大荒れな相場展開となっています。

高金利通貨や先物市場へと投機マネーが流れる傾向から一転し、
最近はリスク回避を目的とした日本円や米ドルが
買われているので、今週も円買い・ドル買いの相場展開が、
継続されるかに注目していきたい局面ですね!

クリック証券のGOLDチャートは比較チャートを搭載しています
20100125-01.png
ブログ為替レート  ブログ為替レートをcheckしよう!

【今週の重要指標】
01/25(月)24:00 米・中古住宅販売件数
01/26(火)正午 日・日銀政策金利 (予想)0.10% (前回)0.10%
01/26(火)18:00 独・IFO景気動向
01/26(火)18:30 英・GDP
01/26(火)24:00 米・消費者信頼感指数
01/27(水)09:30 豪・消費者物価指数
01/27(水)24:00 米・新築住宅販売件数
01/27(水)28:15 米・FOMC政策金利 (予想)0.25% (前回)0.25%
01/28(木)05:00 NZ・RBNZ政策金利 (予想)2.50% (前回)2.50%
01/29(金)22:30 米・GDP
01/29(金)22:30 米・個人消費

今週は注目の経済指標が目白押しとなっています。
中でも英・GDPは大幅な伸びが期待されているので市場の関心も高そうです。

また、米・住宅関連指標では伸びが期待できずに
リスクイベントとして警戒する必要がありそうですね。

月末ということもあって、注目の経済指標が多数控えていますが、
最大の焦点は、1/28に控えているオバマ政権の一般教書演説でしょう。

同演説でオバマ政権が内政・外交の施政方針をどのように示すのか?
ココは見逃すことのできない注目ポイントになりそうですね!
それでは風邪には十分に気をつけて、今週も張り切っていきましょう^^
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2567-88c861f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。