FX取引規制について

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成17年7月にFX取扱業者が登録制になって以来、
FX取引は大きな広がりを見せてきましたが、
投資家がより安心して取引できる環境を築くため、
現在、金融庁により規制の見直しが進められています

既にご存知の内容だとは思いますが、
金融相の規制内容を簡単にまとめてみましたので
ぜひ参考にしてみてください^^

1・信託保全の義務化
FX取引業者が顧客から預かった証拠金は、全て金銭信託することが義務付けられます。
現在は信託保全の義務化へ向けた猶予期間扱いですが、
平成22年2月1日からは全額を信託銀行等に金銭信託しなけれればなりません

2・ロスカット・ルールの整備
FX取引業者はロスカット・ルールを整備し、遵守することが義務付けられます。
現行でも、多くの業者がロスカット・ルールを設けておりますが、
平成22年2月1日より、全ての業者に対してロスカット・ルールの整備し、
遵守することが義務付けられました。

3・レバレッジ規制
取引の際、顧客から一定の証拠金を預かることが義務付けられます。
現行、取引金額に対して預かる証拠金の額には決まりはありませんが、
平成22年8月1日より2%以上(レバレッジ50倍)、
平成23年8月1日には4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金を預かることが義務付けられます。

参考になったら応援クリックもよろしくお願いします!
スワップ派  スイング派  デイトレ派

売買シグナルをメールで受信しよう!セントラル短資のFXライブ!

【セントラル短資】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2538-9c7a1282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。