野村証券、日興コーディアル証券が大証FXへ参入意向

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手証券会社の顧客は、富裕層が多いことが特徴です
FX会社の場合、1,000万円以上の預け金があれば
大口の顧客部類に入るくるでしょう

しかし大手証券会社の場合、1,000万円以上を預ける投資家は山ほどいます
そんな大口の投資家を多く抱え込んでいる証券会社が
今後、どこの公的取引FXを選択するかは、個人的に興味あります^^

そして昨年11月には大手証券会社である大和証券
選択した公的取引FXはくりっく365でした

ちなみに大和証券というのは、かなり古い時期から店頭取引FXに
参入していたし、手数料無料を実施したのもかなり早かったです

それに対し、国内最大の証券会社である野村證券
今までFXには一切手を出していませんでしたが、
ついに大証FXへの参入へ向けて動き出しているようです

また、三井住友フィナンシャルグループ系の日興コーディアル証券
大証FXへの参入へ向けて最終調整中だそうです

大証FXは来月に松井証券が参加する予定ですし、
楽天証券の参加も有力視されているので、
今後は大手証券会社が次々と参加してきます

現状の大証FXの取引高は、くりっく365の取引高の2%程度に
留まっていますが、今後の取引高は伸びてきそうな勢いですね

まあ、どっちに勝ってほしいとか、そーゆーことではなく
お互いが刺激し合って、今以上にサービスが向上してほしいと思っています

公的FXに対して誰もが望んでいることは
取引手数料の無料化だと思います

現実的に考えれば、手数料の無料化は厳しいと思いますが
コレが実施されたら公的FXはシェアは
飛躍的に伸びること間違いなしなんですけどね

税制優遇や信用力に加え、手数料無料化が
実施されれば鬼に金棒なんですけどね^^;

公的FXの手数料無料化が、厳しいことは百も承知ですが、
手数料無料化が来る日を信じ続けるしかありません(笑

関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2530-14a41fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。