今週の注目ポイント!ドバイショックへの懸念!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週はドバイショックへの懸念や
ギリシャ国債の格下げをキッカケに欧州通貨が売られ、
逆に米国では小売売上高やミシガン大学消費者信頼指数が、
事前予想を上回る結果となりドル買いの展開となりました。

また、ドル安を背景に高値を更新してきた金相場
大きく値をさげるなど、>相場の地合いは
ドル安修正の値動きになっているように感じます。

こうした状況を整理しながら考えると下記のポイントは
今後も注目ポイントになってくると思います。
・ドバイ政府系持ち株会社のリスク
・超低金利政策を巡るFOMC声明
・欧州新興国のソブリンリスク

EUR/USD 10分足

【今週の重要指標】
12/14(月)08:50 日・日銀短観
12/15(火)09:30 豪・RBA政策会合議事録
12/15(火)22:30 米・NY連銀製造業景気指数
12/16(水)09:30 豪・GDP
12/17(木)04:15 米・FOMC政策金利 (予想)0.25% (前回)0.25%
12/17(木)24:00 米・景気先行指標総合指数
12/17(木)24:00 米・フィラデルフィア連銀指数
12/18(金)正午 日・日銀政策金利 (予想)N/A (前回)0.10%
12/18(金)18:00 独・IFO景気動向

今週は注目度の高い経済指標が目白押しです!
FOMCについては、経済情勢の判断を映す
声明文の表現がどう変化しているかが注目されるほか、
政策金利に関わる声明文も見逃せない材料です!
また、豪・RBAも同じく議事録にも注目してでしょう!

気になる週明けのトレード戦略としては
先週末に大きく買われたドルが、どちらの方向に向かうのか
確認してからエントリーする予定です^^

「参考になった」と感じてくれたら応援クリックもよろしくお願いします
スワップ派  スイング派  デイトレ派

symoを使うと新規発注後、自動的に決済画面へ切り替わる!高速デイトレ可

【サイバーエージェントFX】為替侍の過去レビューはこちら


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2492-3de43f0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。