くりっく365の南ア問題!原因のマーケットメーカーは!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京金融取引所は、「くりっく365」で南アフリカランドのレートが
異常な安値をつけ個人投資家が損失を被った問題で、
実勢より大幅に安い買値を提示した金融機関が

ドイツのコメルツ銀行だったと発表しました!

また、同取引所は原因究明に向け、コメルツ銀行に対して
臨時考査を実施していることを明らかにしています

コメルツ銀行はくりっく365のレートを提示する、
マーケットメーカーと呼ばれる金融機関のひとつです

現在、くりっく365では5社のマーケットメーカーが参加しており
その中で、最も安い買値と、最も高い売値の提示を
顧客へレート提示しているのですが、
マーケットメーカーは取引所との契約上、
異常なレートを出さない義務を負っているにも関わらず、
コメルツ銀行は、この義務に違反した形になります

もちろん異常値を提示したコメルツ銀行も悪いですが、
異常値が出た時に、提示レートを採用しないような
システムが用意されていなかった
くりっく365のシステムにも問題ありでしょう!

とりあえず、先週の段階で異常値を
排除するシステムを導入したようですが、
失われた信頼を取り戻すには時間がかかるでしょうね^^;

とりあえず、同じ公的取引所の大証FXは
顧客を増やすチャンスかもしれません

参考になった!と思ってくれたら、
応援クリックもよろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

東証・大証一部上場企業の光世証券!手数料半額キャンペーン中!
光世証券
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2468-fb5df99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。