ベルリンの壁崩壊から20年!ベルリンの壁とは何ぞや?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーロ圏経済において、最も影響力が強いがドイツです
そんなドイツの象徴的な出来事として、

ベルリンの壁崩壊が印象的ですが、
あれから20年の月日が流れているんですね(汗
時の流れとは早いものです・・・。

っとゆーわけで今回の記事はFXから離れ、
ベルリンの壁の小話をしたいと思います



ここで質問ですが、ベルリンの壁ってどこに存在していたか知っていますか?
為替侍もそうでしたが、これって結構、勘違いされている方が多いみたいです

ベルリンの壁は、西ドイツと東ドイツを隔てる国境ではありません
字のごとく、西ベルリンと東ベルリンを隔てる壁なんです
ちなみに上図の緑色の線で記した部分がベルリンの壁です

んで、ベルリンの壁が誕生したエピソードを説明すると
第二次世界大戦によってベルリンの町は二つに引き裂かれたんです
東ベルリンはソ連が占拠し、西ベルリンは米国やフランスが占拠しました。

そして東ベルリンは閉鎖的な社会主義となり、
東ベルリン市民は自由を求め、西ベルリンへの亡命が絶えませんでした
これにシビレを切らした東ベルリン(ソ連)は、西ベルリンへ渡れないように、
ベルリンの壁を建設し西ベルリンを孤立化させたわけです

これによって、ベルリンの壁は誕生しました

そして時は流れ・・・1989年。
相変わらず東から西へ亡命する人が多いため、その対策として
「手続きを取れば比較的簡単に海外旅行が出来る」と言う法案が考えたんです

その法案を東ベルリンの記者団が「法案可決」と誤報を発表し、
さらにTVニュースも「東ドイツが国境を開放」と誤報を報じてしまったため、
ベルリンの壁には多くのベルリン市民が集結したんです

そのニュースを知らなかった国境警備隊は
暴動が起こったと勘違いをして
危険回避のために国境のゲートを勝手に開けてしまったのです。

これによって、一晩の間に何万人もが国境を越えてしまった為、
東西の分断は事実上無くなってしまい、
ベルリンの壁は市民の手で壊されたということなんです
ベルリンの壁の最後って、誤解の連続によって壊されたってことですね^^

勉強になった!と思ってくれたら、
応援クリックしていただけると嬉しいです^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

口座数ランキング2位に急浮上!デイトレ派に大人気の外為オンライン
外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2433-ff945c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。