投資バリエーションを増やし、完全なトレンドフォローに徹する!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2016/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにドル/円が89円台に突入しましたね!
藤井財務相の円高容認発言や
節目となる90円を割れてきたことを考えれば
今後もファンド筋のドル売りスタンスが継続される公算は高そうです

たしかに値ごろ感という視点捉えると
ドル買いをしたくなるレートかもしれませんが
短期トレーダーにとって値ごろ感という感性はほぼ意味がありません

とにかく、現状はこのドル売りトレンドに逆らうことなく
徹底的にドルを売りまくっていきたいですね^^

そう考えると目先の為替相場(FX)とうのは
トレンドの力がハッキリしている分だけ、儲けやすい時期だと思います

とりあえずファンド筋がドル売りスタンスを継続している間は
我々個人トレーダーもドル売りのスタンスを継続すればいいわけですが
いずれファンド筋の連中も利益確定の動きに入る時期が必ずきます

そんな時、我々個人トレーダーはどうすればいいのか?

ファンド筋の利益確定の動きにより強い反発相場となれば、
ドル買い中心でトレードすればいいですが
今のファンダメンタルを考えれば、
強い反発上昇(ドル買い)が継続的続くというのも少々考えにくいでしょう

おそらく揉み合いという期間が必ずくると思います
そーなってきた時に投資先のバリエーションを多く持っている
トレーダーというのは選択肢が多い分だけ、優位に立てます

なぜならトレンドがはっきり出ている市場のみチョイスし
その流れに乗ることができるわけですからね^^
我々個人トレーダーは為替ディーラーではないので
もみ合っている為替相場で無理やりトレードする必要もありません

とにかくトレンドがハッキリしている市場を
常にチョイスし続けることが大切なんです^^

株の億万トレーダーでもそうですよね?
同じ銘柄を常に売買している方はかなり少ないはずです
彼らはボラティリティを求め常に値動きの激しい銘柄をチョイスしてますよね

FXトレーダーも身近なところにCFDという魅力ある金融商品があるので
ココを投資先バリエーションに加えない手はありません^^

今の時代はCFDがあるので、ほとんどの市場でもトレードすることが可能です
しかし、世界の株式・株価指数・先物といった星の数ほどの銘柄を
把握することは、これもまた現実的な話ではありません

上昇トレンドが止まらない金相場の日足

そこでトレンド相場のみをチョイスし、トレードしたい方に
お勧めしたいのが原油相場と貴金属相場です

原油相場っていうのは2008年のガゾリン価格が爆発的な
値上げをしたことからもわかるとおり、トレンドの力が半端じゃありません

あと金相場も2008年末から上昇トレンドを継続しており
その力強いトレンドは、ついに1オンス=1000ドルという
大台を突破する勢いです

とにかく、これらの市場は一旦トレンドが始まると
長期的にトレンドが継続する傾向にあるので
投資先としては非常に利益を上げやすい市場だと言えます

CFDは銘柄が多く、ちょっとわかりにくいという方は
ぜひ、この2銘柄から少しずつ始めてみるのがお勧めですよ^^

FXでイマイチ成果が出ないという方はCFDという選択肢を増やし、
完全なトレンドフォローのみでトレードするというスタンスを
模索してみるのも一案だと思います
とにかく何か変化をつけてあげないと結果は変わりませんからね

尚、原油や金相場をトレードするなら
メタトレーダー4でお馴染みのODL Japanがお勧めですよ!
FXで使用しているメタトレーダー4で原油&金相場がトレードできるので
違和感を感じることなくスンナリとトレードできると思います^^

トレンドが出ている市場のみでトレードをしよう!原油&金はODL Japan!
ODL
【ODL Japan】為替侍の過去レビューはこちら

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2362-8043a554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。