アイスランドの悲劇を振り返る!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブプライム問題が勃発する以前、コアなスワップ派に
人気が高かったアイスランドが政策金利を12%に据え置きしたようです

当時はアイスランドの高金利に魅了され、
アイスランド・クローナ(ISK)の運用を綴るブログも多く誕生しましたが
今では跡形もありません

まあ、ほぼ国家破綻に近いような状況ですからねぇ
今回はそんなマニアック国・アイスランドに襲い掛かった
一瞬の悲劇を簡潔に振り返ってみたいと思います


アイスランド共和国は、北ヨーロッパの北大西洋に浮かぶ島国です
リーマンショック以前のアイスランドは国民一人当たりのGDPは世界5位(2006年)で、
人口32万人と小国ながら特筆すべき経済力を誇っていました。

しかし2008年9月の世界金融危機により、
アイスランド経済は危機に陥ることに・・・。
2008年9月にグリトニル銀行(国内大手銀行)が
政府管理下に置かれ、アイスランドクローナ(ISK)は大暴落!

10月には政府が非常事態を宣言し、アイスランド国内の全銀行を国有化へ。
英国内にあるアイスランド系の銀行では預金が引き出せないという
とんでもない事態にまで発展することに!

こうした危機を乗り切るため、アイスランド中央銀行は
10月8日にロシアから40億ユーロの緊急融資を受けることを
発表したものの危機は収まらず、10月14日には
国際通貨基金 (IMF) に正式に支援を要請したわけです

ここまでの出来事はリーマンブラザースが
破綻(9月18日)してからわすか一ヶ月間の出来事です^^;
つまりアイスランドはわすが一ヶ月で事実上の国家破綻となったわけです

その後、今までの男性的な指導・政策が問題視され
2009年2月には同国初の女性首相が誕生しました。
ちなみに同首相は同性愛者としても話題を呼びましたね

また大手銀行内でも多くの女性CEOが誕生し、
国内全体でも男性的な政策から女性的な政策へシフトチェンジしつつあるようです

尚、今後はアイスランドは、2011年を目安に
EU加盟&ユーロ導入を前向きに検討しているという

という感じでアイスランドの悲劇を簡単に
まとめてみましたがいかがだったでしょうか?
わかりやすかった!と感じてくれたら、
ぜひ応援クリックもよろしくお願いしますね^^

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

口座数ランキング2位に急浮上!デイトレ派に大人気の外為オンライン
外為オンライン
【外為オンライン】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2359-44e3379a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。