今週の注目ポイントはココ!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末に発表された米・雇用統計では
非農業雇用者数の改善に対し、失業率は悪化するなど
指標結果の足並みが揃わなかったことから
為替相場は大きな乱高下となりました

さて、今週の方向感を探る上で経済指標と同様に
注目したいポイントは以下の3ポイントです

・G20後の各市場の反応
・総額700億ドルの米国債入札を長期金利の動向
・円買いを行っているファンド筋の動向


特に注目したいのは3番目のファンド筋の動向です
現在は個人投資家の円売り取引量が過去最大となる一方で、
ファンド筋はテクニカル重視の円買いを仕掛けている状況です

今年7月に記録した91.80円の最安値を更新してくるようだと
個人投資家のポジションが大量にストップが巻き込まれ
円買いに拍車がかかる可能性が強いので要注意です

【今週の重要指標】
09/09(水) 27:00 米・ベージュ・ブック
09/10(木) 06:00 NZ・RBNZ政策金利 (前回)2.50% (予想)2.50%
09/10(木) 10:30 豪・雇用統計
09/10(木) 20:00 英・BOE政策金利 (前回)0.50% (予想)0.50%
09/10(木) 21:30 米・貿易収支
09/10(木) 22:00 加・BOC政策金利 (前回)0.25% (予想)0.25%
09/11 (金) 08:50 日・GDP
09/11 (金) 23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数


今週の月曜日は米国とカナダが休場のため
まずは様子見ムードの展開からのスタートとなりそうです

尚、今週は次回のFOMCの政策判断材料となるベージュブックが公表されるほか、
金融当局者らの講演が予定されているで、
コチラもチェックしておきたいポイントでしょう!

また今週は主要各国での政策金利が発表されますが
いずれも据え置き予想となっているので
サプライズの可能性は低いと思いますが、
主要人による「今後の見通し」に関しては忘れずにチェックして下さい^^
それでは今週も気合を入れてがんばりましょう!

今後も「トレード戦略に関する記事を読みたいっ!」と思ったら
ぜひ応援クリックをよろしくお願いします
反響が高ければ、どんどん更新頻度あげたいと思います^^

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

100通貨単位でトレードができる唯一のFX会社!マネーパートナーズ!
マネーパートナーズ
【マネーパートナーズ】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2329-1f742736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。