FX取引規制 海外連携が課題!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKでFXの取引規制に関するニュースが報じられていました。
報じられていた全文は以下のとおりです

業者に預けた証拠金の何倍もの外国通貨を売買できる「FX取引」について、
金融庁は来年から取引額に上限を設けて規制を強化しますが、
国内の業者が拠点を海外に移して、事実上、規制を逃れるおそれもあり、
海外の金融当局との連携などが課題となっています。

「FX取引」は、業者に一定の証拠金を預ければ
その何倍もの外貨を売買できる取り引きで、
金融庁は、行き過ぎた投機を招いているとして、
取引額に上限を設けて、来年8月からは証拠金の50倍以下、
さらにその1年後からは25倍以下に制限することを決めました。

しかし、FX取引はインターネットで簡単に申し込めるものが多いため、
国内の業者が拠点を海外に移して国内の投資家に
制限を超える取り引きを勧誘するおそれが指摘されています。

こうした海外からの勧誘も規制の対象にはなりますが、
海外に拠点を置く業者に対しては、違反した場合でも警告を出すにとどまり、
行政処分ができず、事実上の「規制逃れ」につながります。

このため金融庁は、海外の金融当局にも協力を要請していますが、
国境を越えた金融取引が広がるなか、
今回のFX取引の規制強化をきっかけに国際的な
規制の統一や金融当局の連携強化があらためて課題となっています。

FXに対するレバレッジ規制というのは
各国バラバラなのでうまく連携がとれるのかは微妙ですねぇ。

というか、協力の要請に対し「NO」という回答だったら
金融庁はどうやって対応する気なんですかね?

9割のFX投資家がレバレッジ規制に反対と反発する中、
なかば強引に規制に踏み切った背景を考えれば、
当然、このあたりの課題は想定範囲なんでしょう

多くのFX業者が撤退した後に
レバレッジ規制の見直しなんて通用しません!

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

スプレッドは 0pips~!DMM FXが新登場!


【トレードメッセンジャーの過去記事】
【関連記事】究極の自動売買ツール!サザインベストメント!
【関連記事】トレードメッセンジャーを使用する際の注意点!
【関連記事】トレーダー選びのコツ!トレードメッセンジャー&Zulu Trade
【関連記事】天才トレーダーか?park氏恐るべし!!
【関連記事】お勧めのシグナルプロバイダーは?トレードメッセンジャー!

【関連記事】トレードメッセンジャーを徹底分析!salsa2nd編
【関連記事】トレードメッセンジャーを徹底分析!sara編
【関連記事】トレードメッセンジャーを徹底分析!lee編
【関連記事】トレードメッセンジャーを徹底分析!smith編
【関連記事】トレードメッセンジャーを徹底分析!park編
関連記事
この記事へのコメント
Re
名無しさん
お役人が必ずしも有能とは限りませんからね^^;
金融庁には困ったものです
2009/08/25(火) 12:10 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
>金融庁の愚策
まさしく愚作ですよね。
これで金融庁が手をこまねいていたら、徹底的に糾弾してやるつもりです。無能な役人どもめ。
2009/08/25(火) 09:15 | URL | 匿名 #-[ 編集]
Re
ootuboさん
あぁ、たしかに村上ファンドのように
法人税が高いので企業が海外に出て行ってしまうのに似ていますね!
2009/08/25(火) 03:15 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
これは容易に予想できる事で、忠告もあったと思うのですが、金融庁の愚策が国内の資金を海外に流出させてしまうのでしょうね。法人税が高いので企業が海外に出て行ってしまうのに似ていますね。このような官僚・政治家に舵取りをさせていたら本当にこの国は駄目になる気がします。
2009/08/24(月) 22:54 | URL | ootubo #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2301-5f95ba26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。