大量の指値オーダーはどこに入っているのかな?

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある程度のキャリアがあるトレーダーであれば
チャート上から大量な指値注文が入ってそうなプライスを
ある程度、読み取ることができます
もちろんこれらの推測はサポートやレジスタンスから読み取るわけだが・・・。

しかし推測は、あくまで推測。
推測が外れることなんて日常茶飯事です^^;

これらの注文情報を知りたかったら大証FXのをみるか、
FXプライム の会員情報から閲覧することができる
IMMポジションを参考にするか・・・いずれかでしょう

インターバンク・ディーラーの情報が知る方法!
IMM市場のデータを入手する方法!



ちなみに上図の左側は指値注文と逆指値注文を確認するグラフで、
右側は保有しているポジションを確認するグラフです

まあ、ココから読み取れる情報としては
指値注文と逆指値注文の量に大きな開きがあることですね
やっぱり指値注文の方が利用者は多いようです

ってことは、レンジ抜けのブレイクを逆指値で追いかけていく
トレード戦術よりも、押し目買いや戻り売りというトレード戦術の方が
利用者人口は多いってことが読み取れそうです

また右図からわかるとおり、含み益ポジションはさっさと手仕舞い
含み損ポジションが溢れ返っている様子も読み取れますね

FXで勝つための鉄則は損ギリをしっかり行う
なんていわれたりしていますが、
実際には含みポジションの処理が
遅いトレーダーがかなり多いみたいですね^^;

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派


関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2282-830bbd85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。