FX市場の動向!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国内のFX取引の市場規模は、ここ3~4年で急拡大してきました。
国内のFXというのは店頭取引と取引所取引に分けられるが、
店頭取引だけみても、開設口座数が2006年3月末で32万口座であったのが、
2009年3月末には219万口座と3年間で約7倍まで膨れ上がっています!

まあ、実際には同一人による複数業者での
口座開設をするケースも多いので重複カウントされていますが^^;
実際のFXの投資家人口は、219万より
かなり割り引かれた水準になってくると思いますが
それにしてもすごい伸び率ですね
ちなみに証券口座は1,000万口座↑なので
FX市場とは比べ物になりません^^;

取引量(出来高)に関しては口座数の伸びを
さらに上回るペースで増えています!
店頭取引の総取引金額は、2006年1~3月期の50兆円から、
2009年1~3月期には587兆円と3年で、なんと約12倍!

取引量が大幅に増加した理由としては、
FX業者のスプレッドの縮小や、必要証拠金水準の引き下げなどにより、
アクティブな投資家が増えてきたためでしょう

店頭取引FXの取引高推移

2008年には円高が進み、特にリーマン・ショックがあった
9月以降の円高によって多くのトレーダーが損失を破ったので
リーマンショック以降はFX市場の取引高が
若干落ち込むと懸念されていましたが
実際には2009年に入っても店頭FX取引の総取引額は大きく減っていません

これは投資家の裾野が引続き広がっていることや
株価低迷に伴う資金流入もあろうが、
投資を高レバレッジながらも小額とすることで損失額を抑えるといった
「小額資金ハイレバレッジ型のトレーダー」
急増したためと考えられているようです

あと、この時期はドル/円が100円割れを起こし
外貨預金やFXを始める方が殺到しているとメディアでも
結構、報じられていましたからね

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派

プロ・トレーダーのトレードで自動売買ができる画期的な新サービス!
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント
【サザインベストメント】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
名無しトレーダーさん
コメントありがとうございます
そうですね、規制がはじめれば伸び悩みそうな気がしますね^^;
2009/08/13(木) 03:49 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
規制が始まれば、確実に減っていきそうですね
2009/08/12(水) 01:17 | URL | 匿名 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/11(火) 15:31 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2279-0c8c983d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。