今週の注目ポイント!BOE四半期インフレ報告!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の金曜日に発表された米・雇用統計では
非農業部門雇用者数&失業率、共に予想を大きく上回る改善となり、
同指標発表後のクロス円は高騰する結果となりました!
雇用統計の発表でここまで大きく相場が動いたのは久しぶりですね^^

ドルストレードに関しては大きな乱高下となったため
トレードするにはちょっと難しい展開でしたが、
クロス円に関しては完全な円安トレンドでした。
今週のトレード戦略としては方向感の掴みにくい
ドルストレート通貨でトレードするよりは
方向感の掴みやすいクロス円の方が
トレードしやすいと個人的には考えています^^

【今週の重要指標】
08/11(火)正午 日・日銀政策金利 (予想)0.10% (前回)0.10%
08/11(火)16:30 日・白川日銀総裁記者会見
08/12(水)18:30 英・BOE四半期インフレ報告
08/12(水)27:15 米・FOMC政策金利 (予想)0.25% (前回)0.25%
08/13(木)21:30 米・貿易収支
08/14(金)21:30 米・消費者物価指数


さて、為替侍が個人的に注目している今週の指標は
英・BOE四半期インフレ報告と米・貿易収支ですね!
英・BOE四半期インフレ報告では、
BOEが経済成長率見通しを、引下げる可能性があると噂されているので
大きなポンド売り要因になるかもしれません。

また米・貿易収支も見逃せません。
「モノを消費する米国」にとって貿易収支の赤字拡大は大歓迎です。
一般的には赤字拡大と聞くと、悲観的なイメージが先行すると思いますが、
物流の流れを考えれば、米国の赤字拡大は世界経済の活性化へと
繋がるわけですから、一概に赤字拡大がマイナス要因になるとは限りません。

最近は暑い日が続いていますが、
暑さに負けず今週もがんばっていきましょう!

皆さんの応援クリックがモチベーションの源です
もしご迷惑でなければ一日一回のクリック応援よろしくお願いします^^

スワップ派  スイング派  デイトレ派
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2275-6c0da1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。