逆ペナント型チャートは徹底的に避けろ!

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ・トレーダーのトレードで自動売買ができる画期的な新サービス!
トレードメッセンジャー(Trade Messenger)-サザインベストメント
【サザインベストメント】為替侍の過去レビューはこちら

自分で決めたトレードルールに従って取引をしていると
「自分の得意な局面と苦手な局面」というのが存在する。
例えば、トレンド相場には強いが、揉み合い相場には弱いとか・・・。

もちろん私のトレードにも苦手とする局面がいくつかあり、
特に嫌いなのが逆ペナント型のチャートなんです

逆ペナント型とは①図のように、
高値を切り上げながら、安値を切り下げていく型です


テクニカルに関する記事が参考になったら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

この①のチャートをリアルタイムで見ていると
どんどん値動きが激しくなっていくので
デイトレを仕掛けていきたくなっちゃうんですよね^^;

実際に自分がエントリーした時は
逆ペナント型を形成していなくても
損ギリを繰り返し、後からチャートを確認してみると
結果的に見事な逆ペナントになっていたりと・・・。

例えば、①の緑ライン抜けでショートを仕掛け、
オレンジラインのチョイ上にストップを指しておくと
負けトレードへと導かれてしまう・・・。
最悪、往復ビンタという悲惨な結果も十分ありえる。

ただ、相場変動が激しくなっていくチャート型でも
②図のように高値は水平で、安値だけが切り下がっていく
パターンであれば、話は全く異なってくる。

この場合であれば、仮に緑点でショートを仕掛けた場合でも
赤ラインの外側に設定したストップが巻き込まれることはありません

よーするに、、値幅が拡大していくチャート型でも
①と②じゃ天と地ほどの差があるってことですね

逆に、逆ペナント型をエントリー前に見抜くことができれば、
当然、仕掛けていくトレード戦略も違うものになりますよね^^

今後も「トレード戦略に関する記事を読みたいっ!」と思ったら
ぜひ応援クリックをよろしくお願いします
反響が高ければ、どんどん更新頻度あげたいと思います^^

テクニカルに関する記事が参考になったら、応援クリックよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

CMS×為替侍限定タイアップ企画!特別デイトレ・レポートをプレゼント!

【CMS】為替侍の過去レビューはこちら
関連記事
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/2211-b9fddaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。