1分で読める今週の注目ポイント!議会証言&ストレステスト

  • DMM FX
  • FXブロードネット

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

先週は米景気の先行きに対する懸念の再燃により
NYダウが大幅安となり、為替市場も米ドルの全面安となりました


米国の経済指標では6月の米小売売上高が2ヶ月連続で減少したことや、
6月のFOMC議事録で半数のメンバーが景気のダウンサイドリスクを
指摘したことが明らかになり、景気回復に対する楽観シナリオは後退したと考えられます


さらに7月のミシガン大学消費者信頼度指数が大幅な悪化するなど
米国経済の景気回復に遅れが深刻になってきているので
米国にとってココらへんは、まさに正念場と言っても過言ではありません


    【今週の重要指標】
  • 07/20(火)10:30 豪・RBA議事録
  • 07/20(火)22:00 加・BOC政策金利 (予想)0.75% (前回)0.50%
  • 07/21(水)17:30 英・BOE議事録
  • 07/22(木)23:00 米・中古住宅販売件数
  • 07/23(金)17:30 英・GDP

今週も重要イベントが多数控えていますが、
なかでもバーナンキFRB議長による議会証言と
欧州金融機関のストレステストの結果公表に市場の関心が集まりそうです


半期に一度行われるFRBの議会証言は、ファンドマネジャー等が投資戦略を固める
重要イベントと位置付けられているので、ドル相場にとって重要な節目となってくるでしょう


ちなみに6月のFOMC議事録は、デフレリスクや景気見通しが悪化した場合の
追加緩和策の検討に言及しているので、バーナンキFRB議長の議会証言では
景気対策の次なる一手に注目が集まると思います


一方、ユーロ圏では金融機関91行のストレステストの結果が23日に公表されるため
ポジション調整の可能性もシッカリと視野に入れておきたいですね


参考になったら応援クリックもよろしくお願いします^^
スワップ派  スイング派  デイトレ派

大手FX会社サイバーエージェントFXもくりっく365へ参入!
サイバーエージェントFXのくりっく365

くりっく365最安値の手数料キャンペーン!岡三オンライン証券
岡三オンライン証券
関連記事
この記事へのコメント
>>sarahさま
ほしのあきも人気アイドルですからね!
業界は違いますが人気あれば
OKですよねv-363
2006/10/30(月) 14:18 | URL | 為替侍 #-[ 編集]
三十路手前のアイドルなんて、FX界は居心地がいいですねえ★
2006/10/30(月) 14:11 | URL | sarah #-[ 編集]
為替
PING:
BLOG NAME
為替
2006/10/30(月) 12:29 | URL | 名無しトレーダー #79D/WHSg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kawase1214.blog27.fc2.com/tb.php/213-7d0be532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック